スポンサーリンク

契約終了後に1ヶ月割引もなしに携帯料金を支払わせるうまい方法。


月々割

今更だけど、携帯の契約の仕組み考えている人って天才だなって思う。

今回妻と息子の携帯の2年契約が3月末で終わったのだけど、ソフトバンクの月々割が1ヶ月残っていることがわかった。確かに契約時に「月々割は契約月の翌月から開始になります。」とさらっと言われたことを、今更ながら思い出した。その時は何で翌月からなの?と思ったけれど、全然深く考えなかった。でも、今になって思うとこの1ヶ月が本当に絶妙。

最初の1ヶ月は割引のないフルの料金を支払っているわけなのだけど、あまり痛く感じない。これは新しく携帯を購入した高揚感のせいであったり、契約事務手数料等の特別な支払いとかに隠れてしまうことだったり、割引をしてくれるのための登録に時間がかかるのだからギブ&テーク的な感情が働いているからだと思う。

でも、この割引のない料金が最初の1ヶ月目ではなく、最後1ヶ月だったらぷちっと切れると思う(苦笑)。こっちは新しい携帯が欲しいのに、古い携帯に割引がないフル料金を支払わせるとは何事だ!という感じ。

最初の1ヶ月が高い料金でも2ヶ月目から割引が効いて下がる分には誰も文句をいわない。でも、24ヶ月まで安い割引料金だったのか25ヶ月目だけ1ヶ月だけ高い料金に上がるとしたら嫌なんだよなー。支払い合計金額は同じなんだけれども、人の感じ方っ全然違う。

これ、俗に言う「ピークエンドの法則」ってやつで、最後に良い印象をもつとそのイベント全体を良いと評価するし、逆に最後に悪い印象を持つとそのイベント全体を悪いと評価してしまう傾向が人にはあるんです。つまり結構最後は大切ってこと。なので、携帯会社としては静かにフェードアウトするほうがお得と判断しているんでしょうね{ピークエンドの法則について”ビル・ゲイツはレジェンドになれるのか。”にまとめてあるのでよろしければ読んでください)。

なので、携帯の料金を考案している人は、その感情を逆撫でしないように、気づかれないように、しれっと徴収しているわけなのだが、その技術が本当に素晴らしい。その素晴らしさのおひねりとして、解約を1ヶ月待つことにいたします(苦笑)。来月までにiPhone 5s出ないかなー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました