マックメムメモリ販売中

iPhoneで、Apple標準のアプリも圧縮(削除)されていることに気づく

前回iPhoneの電卓を消してしまった話をした。その時にはじめてApple標準のアプリが自動で削除されていたことに気づいた。

この雲のマークがついているのが削除されているアプリ。

自分でインストールしたアプリを削除するのはわかるが、iPhoneに標準搭載のアプリまで消してしまうなんてやることが大胆だなと思ったりもする。

さて、これはiPhoneの少ないストレージ上のデータを有効に活用するためにする機能で、単純な削除というよりも圧縮しているという表現のほうが良いのかもしれない。

Macではメモリー上でこの機能を用いているが、iPhone上ではストレージ上で行われている。この件は「Macのメモリ圧縮機能はすでにRAMダブラーで実現されている(苦笑)」で書いたとおりだ。

Macの場合、圧縮したデータはキャッシュに収められるが、iPhoneの場合はクラウド上(たぶんApp Store)に収められている。

そして削除されたアプリを再度使用したい場合は、単純にアプリをタップすれば自動でダウンロードが始まる。ただ、ダウンロードが終わるまで数秒〜数分待たされるのですぐに使いたいアプリは削除されないように定期的に使用するか、使う前に前もってダウンロードしておくと良いかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました