【Excel・エクセル】よく考えてみるとソフト名が秀逸

Excelの名前の由来

ふと思った

表計算ソフトの代名詞とも言えるマイクロソフトの「Excel」(エクセル)。

アップルの表計算ソフトは「Numbers」ですが、世間的にはほとんど知られていません。もしかするとアップルユーザーでも知らない人が多いかもしれません(苦笑)。

で、その「Excel」という名前について考えてみたら、すごいよく出来ているなと思った次第です。

というのも...

Excelの意味

Excelというのは、2つのニュアンスをもたせてあって、

1つは、Excellentという意味。エクセレント・優秀なという単語です。

もう1つは、Ex(tra) Cell。「特別な枠」という造語です。

特別な表計算が出来て、他のソフトよりも優れている、的なニュアンスが「Excel」という単語に込められているわけですね。
 

それまでの表計算ソフト

Excelが登場するまで、表計算ソフトの定番はロータス1・2・3だったと思います。

アップルでは、アップルワークスというソフトの中に「スプレッドシート」という名前?で入っていたはず。

つまり、そのような先駆者よりも「優れている表計算ソフトです」と一言で表したわけです。

いや〜、今更ながら素晴らしいなと、感心しました。

 

タイトルとURLをコピーしました