【iPad mini4】電池交換をした話 後編

iPad mini4 バッテリー交換

アップルでのバッテリー交換が安心

前編でも書きましたが、保証面と品質面でアップルでのバッテリー交換が一番安心だと思います。

近所にアップルストアかヨドバシやビックカメラのような正規販売店があれば持ち込めば良いですし、面倒であればアップルに郵送すれば交換してくれます。

駅前などに「iPhoneを最短1時間で修理します!」というようなことをうたっているショップがありますが、どのようなバッテリーを使っているのか全くわかりません。

実際に使用を開始から短期間でフル充電でもバッテリーのもちが悪くなるようなトラブルがあるようです。そのような場合、そのショップで保証してくれれば良いですが、保証してくれないケースもあるようなので要注意です。

ということで、郵送によるアップルでのバッテリー交換をおすすめします。
 

配送申し込みのやりかた

こちらからバッテリー交換を依頼します。

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼
iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

”バッテリーと充電”を選択します。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

”バッテリーの修理が必要”を選択します。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

“配送修理(オンライン手続き)”を選択します。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

Apple IDでログインした場合、Apple IDに登録してある機種の一覧が表示されます。その中から対象の製品を選択することができます。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

次に、個人情報を入力して、最後に集荷日時を選択します。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

あとは、料金を支払います。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

その後、上記のようなメールが送られてくれば登録が完了したことになります。

指定した集荷日時にヤマトのドライバーに製品を”むき出し”で手渡しすると、勝手に専用の箱に梱包してくれます。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

そして、通常翌日に上記のように、アップルから修理を開始した旨の連絡が来ます。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

そして、今回自分のiPad mini 4はバッテリーの交換ではなく、本体丸々交換となりました。これはありがたいサービスで、修理している間待たされなくてすみます。
  

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

そして、その後発送の連絡メールがきます。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

そして、こんな感じに梱包されて到着しました。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

丁寧な梱包がされています。
 

iPad mini4の電池交換をアップルに依頼

整備済み品だと思いますが、新品同様です。自分のiPadは表面に傷などがなかったのですが、傷だらけのiPadを送たら新品で戻ってきたらラッキーでしょうね。
 

coconutBatteryが起動しない

それで、ここでiPad mini 4のバッテリーの状態を表示しようと思ったのですが、【coconutBattery】が機能せず表示できませんでした。

coconutBattery

macOS 11には対応していないのかもしれません。残念!

【coconutBattery】はiPhoneやiPadのバッテリー情報をMacで表示してくれるアプリです。なぜMacで表示する必要があるかというと、iOSではバッテリー情報を表示してくれなくなったからです。詳細は以下にまとめてあります。

まとめ

ということで、今回の配送バッテリー交換は、発送から3日で手元に戻ってきました。

往復の送料込みで10,800円(税別)だったのリーズナブルだと思います。iPhoneだと7000円台なのでさらにお安くなります。

ただ、iPad mini 4だと3日で返送されましたが、iPhoneはアップルに在庫がないらしく、送った本体にバッテリーを交換してから返送となるようなので返送まで1週間近くかかるようです。
 

タイトルとURLをコピーしました