【ペイペイのスキャン支払い】画面が真っ黒で支払いが出来ない!まさかの理由

ペイペイスキャン支払い

ペイペイのスキャン支払い

利用者の方ならご存知だと思いますが、ペイペイには「バーコード支払い」と「スキャン支払い」2通りの支払い方法があります。

「バーコード支払い」はペイペイアプリでバーコードを表示させて、お店のバーコードリーダーで読み取ってもらい支払いをする方法。

「スキャン支払い」はお店のQRコードを自分のスマホでスキャンして支払いをする方法です。
 

「スキャン支払い」は導入コストがかからない

「バーコード支払い」はお店でバーコードをスキャンして決済するシステムを導入する必要があります。

一方で、「スキャン支払い」はお店のQRコードを印刷してレジにおいておくだけと超手軽。

よって、導入コストが高いという理由で躊躇していたけれど、導入コストがかからない「スキャン支払い」のおかげでペイペイの導入に踏み切れたというお店が多くあります。
 

地元のスーパーで買い物

で、先日地元のスーパーでの買い物をした時の話。

「スキャン支払い」のみ対応のそのスーパーで支払いをしようとしたところ、自分のiPhoneのQRコードをスキャンする画面が、以下のように黒いままなのです。

ペイペイスキャン支払い画面が真っ暗

これではQRコードを読み取ることができません。
 

QRコードをスキャンできない

ペイペイアプリのバグだと思い、アプリを強制終了。

そしてアプリの再起動で全く問題なく起動したものの、QRコードをスキャンする画面はあいかわらず真っ黒。

”もしかしたらペイペイアプリがiOSのカメラの機能を専有してしまったままハングアップしてしまって、単純なアプリの強制終了ではだめなのかもしれない。”

”となるとiOSの再起動が必要なのではないか?”

と考え、再起動を実行することに。

レジの女性に、「すみません、アプリのバグみたいなので、再起動しますのでちょっとまってもらえますか(冷や汗)」と断りをいれたのですが、レジの女性が若干呆れていました。

待つこと1分前後。こういう時の再起動時間は長い(冷や汗)。

しかし、無情にもiPhoneの再起動でも画面は真っ黒のまま。
 

現金で支払うにも財布がない

しょうがない、現金で支払おうとしたところ、財布をもってこなかったことに気づきました。

”やべ、どうしよう”(さらに冷や汗)

その時、緊急時に使えるようにiPhoneケースの中に1000円札を入れておいたことを思い出しました。

それで支払おうと1000円札を取り出そうとしたらこうなっていましたとさ。

ペイペイスキャン支払い画面が真っ暗

これじゃ、カメラが使えないよね。
 

タイトルとURLをコピーしました