そんなに削除しちゃって大丈夫かいな?


trash


定期的にタイムマシンでバックアップをとっているのだが、その外付けハードディスクがいっぱいになってきたので、古いデータ数カ月分を消したところ、どんどん消されていって、遂にはマイナスの値になった。マイナスの値になっても止まることなくひたする消去し続けるので「おいおい、大丈夫かそんな消しちゃって」と、ちょっと冷汗。

ただ、これはバックアップ用のハードディスクなので、いざとなれば初期化して再度バックアップを取りなおせば良いだけなので放っておくと事に。結局マイナス値になってから、30分ほどで消去終了。

その後、特に問題なく使用出来ている。良かった、良かった。

マックメム店長 猪川紀夫
 
アップルのメモリーの残念なところ

MacBook Airでドヤ顔って言っているのは誰?

mba_sutaba


前回のブログで「MacBook Airを使っている奴はドヤ顔していると言われている」と書いたが、それを言っているのは誰なのか?ふと考えてみた。

自分の場合、スタバでMacBook Airを使っている人を見て思うことは「お、13インチだな」とか「軽くて使いやそうだな」とか「傷がついてなくて綺麗に使っているな」とかで、決して「ドヤ顔してやがる」とは思わない。なんていうか、マックユーザー同士の仲間意識的な好意的な気持ちでチラ見していることが多い。たぶん多くのマックユーザーは同じ感じではないだろうか。

であれば、「MacBook Airを使っている奴はドヤ顔している」と言っているのは、PCユーザー。Macを使ったことがないPCユーザーがMacBook Airのデザインに嫉妬して、それを使っているMacユーザーを「自分をカッコよく見せるために使っている」と決めつけてやっかんでるだけじゃん(苦笑)。

マックユーザーはMacが使いやすいので使っているのが実情だと思うのだけれども。

ま、外ではシェアが90%のPCユーザーを敵に回している完全アウェー状態なので致し方ないことなのかな。

マックメム店長 猪川紀夫
 
マックとメモリーの関係

MacBook Airでドヤ顔って言われてもねー(苦笑)。

mba_sutaba


最近はすっかりMacBook Airと言えば”ドヤ顔”という言葉が定着した感じ。

ロケットニュース24に至ってはランキングまで作ってくれっている(苦笑)。
「スターバックスコーヒーで MacBook Air をドヤ顔で広げている人が多い店ランキングベスト3」

自分は全くMacBook Airを使う時にドヤ顔をしているつもりはないのだが、傍から見るとそう見えるのかしらん。時々「ドヤ顔してんじゃねーぞ」という敵意むき出しの視線を感じることがある。

ということで最近、人が多くいるところででMacBook Airを使うのがちょっと憂鬱だったりする。

マックメム店長 猪川紀夫
 
デザイナーM氏がとんでもないトラブルに巻き込まれた!

今更ながら、スタバのインスタントコーヒーVIAを飲んでみた。

via


Macのネタでなくて恐縮ですが、今更ながら、スタバのインスタントコーヒーVIAを飲んでみた。

なぜこんなものを手に入れたかと言うと、うちの妻がスタバの福袋を購入したら入っていたから(苦笑)。

自分は欲しいもの以外は不要なので福袋が嫌いなのだが、妻と娘は大好き。何が入っているのかわからないわくわく感とお得感が良いのだとか。アップルの福袋のために泊まりこんでいる人もいたりするので、福袋は好きな人には楽しんだろうなとは思う。ビジネス的にはとってもうまいと思う。

自分が思うに福袋が人を惹き付けるのはお得感以上に、失う損失の痛みゆえではないかと思ったりする。人は得をする喜び以上に、失う損失の痛みを過剰に評価するという研究があるのだが、福袋は数量限定、または期間限定なので、今買わないと無くなってしまうという恐れが購入衝動として表れるのではないかと思う。

さて、そのスタバの福袋に入っていた、インスタントコーヒーVIA:コーヒーエッセンス コロンビアなるものを始めて飲んだ。感想はというと、

ちょーうまい!

私の舌には、スタバのドリップコーヒーと言われてもわからないぐらい。全くインスタントとは思えない。下手な豆からいれたコーヒーよりもずっとおいしい。もうびっくり。さすがスタバだなと感心した。

福袋には自分では決して買わないものが入っているので、それを試せるという意味では悪くないなと思った次第。

マックメム店長 猪川紀夫

深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

明けましておめでとうございます!

謹賀新年


明けましておめでとうございます!

全てのマックユーザーにとって素敵なMacな1年となりますように。

どうぞ2014年もマックメムをご贔屓に御願いいたします。

修理をプロに任せるか、自分でやるか。

f2


自分が乗っている自転車の変速機が不調なので交換することにした。

自転車の変速機なんて取り外して付け替えるだけだから、大した作業量でもないだろうと、自分でやることにした。1時間ぐらいで終わると見積もっていたが、思った以上にてこずって、ほぼ1日を費やした(苦笑)。

このことから2つのことを学んだ。1つは、自転車屋さんの修理費というのは単純な作業労働の対価だけではなく、知識への対価でもあるということ。もう1つは、自分でやってみると時間はかかっても勉強になる。これは将来発生するトラブル対応に活かせる。今回かかった時間は自分への知識への対価ということ。

つまり、
自分のお金に余裕があれば、自分の時間を節約しながら、プロに適確に作業をしてもらえる。
自分の時間に余裕があれば、自分のお金を節約しながら、その時間を自分の知識に変換して蓄えておくことが出来る。

よくよく考えてみれば、メモリーのトラブルに対しても同じことが言える。

自分のお金に余裕があれば、マックメムのようにサポートが手厚い(=安価でない)店でメモリーを購入して、トラブルが発生した場合はお店にトラブルの原因を判斷してもらい、必要ならメモリーを交換してもらう。

または、自分の時間に余裕があれば、サポートがないバルクのメモリーを購入してお金を節約するために、トラブルが発生した場合時間はかかるが、何が問題かをテストして原因を突き止めて、次回のトラブル時のノウハウとする。

どちらの方法が良いとか悪いとかではなく、自分の立場によって選べば良いということ。

でも、1時間で数千円、数万円を稼ぐプロの方は、安いメモリーを購入して自分でトラブル対応に追われるよりは、自分の仕事に専念したほうがお得だと思う。そのようなプロの方は是非ともマックメムでメモリーを購入して、トラブル時はうちに任せてはいかがでしょ。

さて、2013年は大変お世話になりました。2014年もさらに素敵なMacな1年としてください。

マックメム店長 猪川紀夫

プロジェクトN

プロフェッショナルのMac Proの買い方

macpro2013


ここでいうプロフェッショナルというのは、仕事でMac Proを使ってお金を稼いでいるという意味でのプロ。

マックメムにお問い合わせ頂くプロのお客様からMac Proに関するお問い合わせが結構ある。その中で、一番多い問い合わせは「Mac Proを購入する場合メモリーはアップルストアで本体購入時に増設してもらったほうが良いのか、それとも別途マックメムで購入したほうが良いのか」ということ。

前回書いたが、価格面では2014年前半であればたぶん、アップルストアで購入したほうが安いのではないかと考える。一方でアップルのメモリーは保証期間が本体同様1年しかないので、長い目でみればマックメムで購入したほうがお得だと思う。マーフィーの法則によれば、メモリーなんて保証期間が過ぎてちょっとすると故障が発生するようにできている(苦笑)。

でも、一番考慮すべき点は価格ではない。一番考慮すべき点は使用する人の

Mac本体に対するちょっとした知識と勇気があるかないか

だ。

Mac Proは高速になっている分トラブルが比較的多い機種だと思う(本当はMacBook ProやiMacでも同じぐらいトラブルが発生しているのかもしれないが、プロが仕事で使うとちょっとしたトラブルでも気になるからトラブルが多いように感じるのかもしれない)。その時に、トラブルの原因が何かを自分で判斷出来ないユーザーは、アップルに本体全部を送ってチェックしてもらうほうが楽。マザーボードの問題であっても、メモリーの問題であっても、ハードディスクの問題であっても、アップルが原因を特定して修理して返送してくれる。そのためにはメモリーを含めてアップルで一括購入しておいたほうが良い。

一方で、メモリーだとかハードディスクの取り付け(外付けでも良いけれど)が自分出来るのなら、そういう部品は自分で購入して取り付けたほうが良い。というのもトラブル時に本体をアップルに送ると、戻ってくるまでマシンが無いので仕事に影響が出てしまう。マックメムのメモリーであれば、故障時には最短翌日には交換品をお届けできるので、仕事に穴があく可能性が少ない。交換品が届くまで本体さえ手元にあれば、故障のメモリーを取り外して、もともとのMac Proについてきたメモリーだけで何とかやりくり出来る。ハードディスク等の故障であれば、外付けのハードディスクから起動すれば良いだけだし。

写真家やデザイナーのお客様の中には「Macの中身なんて全然わからないので全部アップルにお任せ(苦笑)」なんていう方もいらっしゃるのだが、ちょっとだけ勇気をもって、蓋をあけてメモリーの抜き差しぐらいやってくれると、色々と選択しも増えるし、結果的に作業効率もアップするのになと思う。そもそもメモリー取り付けなんて一度やってしまえばその後一生自分で出来るわけなので、一生の資産だと思うのだけれど。

マックメム店長 猪川紀夫

MacのメモリーテスターRember

アップルストアのMac Proのメモリーは安い。でも保証は1年だけ。

macpro2013


前の回でMac Proのメモリーの価格が未定な理由について書いた。

今回はぶっちゃけたことを書きたいと思う。

Mac Proのメモリーはアップルで購入するとお安いです(苦笑)。Mac Proが発売されてから数ヶ月はどのメモリー屋でもアップルの価格よりも高くなる。もしMac Proがデフォルトでメモリーが不足していると感じるようであれば、アップルストアでメモリーを追加した状態で購入するがお得だと思う。

さて、それはなぜか。以下が理由。

アップルのMac Pro用のメモリーが安い理由その1:大量購入
 Mac Proには必ずメモリーが搭載されるわけで、そのMac Pro分の数量を購入するとなれば、アップルがメーカーからボリュームディスカウントを受けることが出来る。

アップルのMac Pro用のメモリーが安い理由その2:アップルによる(ほぼ)独占
 アップル以上に1,866MHz DDR3-ECCなんていう最新で珍しいメモリーを購入できるところは他にはない。よってほぼ独占。よって価格も好きなよう出来る(PCで使用されるメモリーだと、PCメーカーが価格を安く設定する)。通常アップルはこういう時に高い価格を設定するものだが、本体価格が高いゆえか、メモリー価格はあまり利益なしで据え置いている感じ。

アップルのMac Pro用のメモリーが安い理由その3:ユーザーに購入時にメモリーを選んでもらうことによる経費削減
 Mac Proにはデフォルトでは4GBのメモリーが搭載されているのだが、これをアップルストアで8GBや16GBに変更すると、アップルは4GBを回収してしまう。つまり4GBを下取りして、8GBや16GBを販売していることになる。一方、メモリー屋はアップルのメモリーを下取り出来ないので、8GBや16GB単体での価格で販売するしかない。

なので、メモリー屋は商売にならない...かと思いきや、アップルのメモリーには大きな問題があるのだ。

それは保証。


アップルのメモリーは本体と同じく1年(アップルケアで3年)しか保証されていない。で、最近の高速に動作するメモリーというのは消耗品なので、1年で故障しなくても、2年、3年すると故障する確率がどんどん増えていく。特に、Mac Pro用に高速に動作するマシンであれば、メモリーのちょっと不安定になるだけでも顕著にトラブルになってしまう。

1年を過ぎてメモリーが故障した場合、いくら代金を請求されるのか?もしかして購入した時と同じ価格なのか?となると8GBx4で5万円超えのか価格となる。

マックメムであれば、5年間無償交換。

この点だけはアップルのメモリーに対するうちのアピールポイントかなと思っている。

マックメム店長 猪川紀夫

プロジェクトN

Mac Proのメモリーの価格が未定な理由

macpro2013


2013年版Mac Proが発表されて、日本での予約が開始された。

待ちに待った新型Mac Proなので、価格はそれなりに高いけれど、購入希望者が多いのは良いこと。デザインも賛否両論だけどアップルっぽいし、たくさん売れて欲しい。

多くの方の期待から、Mac Proのアップルストアでの予約開始直後から、Mac Proを購入を検討しているのでメモリーの価格について教えて欲しい、というお問い合わせを頂戴した。ただ申し訳ないことに、価格についてはまだ未定です、というお答えになってしまった。

アップルが価格を出しているのに、マックメムで出せないとは何事だ!とお怒りの声を頂戴しそうなので、言い訳させていただきたい。

価格が出せない理由その1
 今回のメモリーは新しいDDR3 DIMM 1866MHz ECC(PC3-15000)という規格。こんな規格最新すぎてPC業界でも珍しい。珍しいものは生産数量が少ないので、価格も高め。ただ、数ヶ月して生産数量が増えてくると、価格があっという間に落ちてしまうことが多い。Mac Proは日本では2月から出荷されるようなので、現在の価格を提示しても割高だし、仮に高い価格でご購入頂いても、実際に2月に使用開始する時に数千円も値下がりしていたら恐縮なので、まだ価格を出していません。

価格が出せない理由その2
 新しい規格のメモリーだと、たぶんどのメモリーメーカーもアップルに優先的に販売しているので、市場に出てくるのはその残りになるはず。なので、わずかな数量だと価格が安定しない。なので、今のところは様子見です。

価格が出せない理由その3
 アップルでまれにあることなのだが、特定のメーカーのメモリーだとMac Proとの相性が発生するとか、アップルがデフォルトで搭載しているメモリーに追加して一緒に使用すると不安定になるメーカーのメモリーがあったりする。よって、どのメーカーのものをマックメムで取り扱うかは、実際にマックメムにMac Proが届いて、アップルのメモリーと一緒に検証してその結果で変化するので、今のところは様子見です。

ということで、2013年版Mac Proのメモリーの価格を今しばらくお待ち下さい。

マックメム店長 猪川紀夫
 
深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

娘のiPhoneを契約してきた。

iphone5


ソフトバンクのiPhone 4の2年契約が終了したので、娘のiPhoneをauで契約してきた。ぶつはiPhone 5。本来ならiPhone 5s/5Cにしたいところだが、iPhone 5の在庫処分の一括0円+2万円のキャッシュバック(16GBの場合)に負けた。

今年の5月に妻と息子のiPhone 5を契約した時は一括0円だけだったので、7ヶ月で2万円分価値が下がったということ。

さて、今回の契約内容は以下のとおり
1.他社からの乗り換え
2.auの通話定額(通話定額24と通話ワイド24)への加入
3.Apple Care+への加入
4.auの4つの有料パス(スマートパス・ビデオパス・うたパス・ブックパス)への加入
5.その他の5つの有料コンテンツへの加入

帰宅直後にApple Care+以外全てキャンセル(Apple Care+をキャンセルしていないのは店頭でないとキャンセル出来ないため)。

このうち、au通話定額24・auの4つの有料パスは最初の月は無料なので、当月にキャンセルすると全く費用がかからない。
一方で、費用がかかるのは
・通話ワイド24  980円
・Apple Care+  408円
・有料コンテンツ 315円x5個
 合計約3000円

今回、5月の契約の時と違って通話ワイド24の980円が余計な出費であったが、キャッシュバックがあるので良しとする。

来月は事務手数料や機種割引が適用されないのでそれなりの大きな額になるが、2ヶ月後から3,000円弱の請求になるのではないかと想像している。また正確な数字が出てきたら掲載したいと思う。

いづれにせよ、安くiPhoneを持ちたい人は、iPhoen 5の在庫があるうちは大変お買い得だと思う。またお店によってはiPhone 5Cも一括0円をしていることがあるので、それも同様にお買い得です。

マックメム店長 猪川紀夫
 
アップルのメモリーの残念なところ

NEC PC-9801の中古専門店があることに驚き

9801

昭和の終わりから平成の最初、ビジネス界を独占していたのがNEC PC-9801。俗称98。その当時この98とジャストシステムの一太郎・花子の組み合わせ以外、日本語の書類を作ることは(ワープロ専用機を除いて)不可能だった。(一方でMacはどうだったかというと、平成に入ってからMac Classic・OSは漢字Talk7がリリースされて日本人でも使える環境になって来た。)

すべての日本の企業が98を購入したおかげで、NECは三田にロケットのような形をした高層本社ビルを建てることが出来たというのがもっぱらの噂だ。その当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったNECが四半世紀後にPCの販売が不振になるとは思いもしなかったに違いない。

なお、今のほとんどの学生は平成生まれなのでNECの9801を知らない(そういえば、黒電話、タイプライター、OHPも知らないらしい)。彼らは生まれてからずっとPCまたはMacで育った世代だ。

さて、そんな98を専門に扱っているお店があることを偶然に知った。
PC-98のミシマ

本体の価格が10万円以上するものがあったりする。現在のPCより遙かに高い。それでも欲しい人はいるのだろう。どのような人がどのような状況で98を使用しているのか全く検討がつかないが、そういう人にとってはありがたいお店なのかもしれない。

マックメム店長 猪川紀夫
 
デザイナーM氏がとんでもないトラブルに巻き込まれた!

Mavericksのメモリー圧縮機能:今更そんな必要ある?

OSXの新バージョンMavericks無料ということで早速インストールしたところ自分のMac mini 2009ではもさっとしだした。表示がほんのちょっとだけ遅れる感じ。顕著なのはメールで、メールはこれまでスカッと開いていたのが、今はうーん、ぱっと表示される感じ。実際には0.5秒とかそんなところなのだろうけど、いやーんな感じではある。

これは新しく採用されたメモリー圧縮のせい?と考えてしまうのだがどうなのだろう。

Mavericksからメモリーの圧縮なる技術が採用された。


109memory2

109memory1


このメモリー圧縮のロジックについて詳しいわけではないが、ファイルの圧縮をメモリー上でもやっているということなのかなと想像する。

例えばSafariでネットを徘徊している時に戻るボタンを押すと前に見たページに戻れるわけなのだが、戻る度にネットからデータを取り込んでいるわけではなく、前のデータをそのまま持ち続けていてそれを再度表示している。このほうが素早くページを表示出来るためだ。特にSafariはそのデータをメモリー上にひたすら貯めこんでおく。そうしておけば何ページ前でもすぐに戻ることが出来るからだ。そのため戻って表示することのないデータさえ、Safariを終了するまでメモリー上に居座り続けることになる。

つまり、それはメモリーを大量に消費することを意味する。一方で、HPやブログというのはデータ的にはすかすかなので、それを整頓してあげれば、メモリーの消費を抑えることが出来る。

ではなぜそんなことをこれまでやって来なかったのか。それはデータを圧縮するためのCPUパワーが無かったからなのかもと想像する。最近はi5だi7だとCPUパワーがアップしている。メールやネットのブラウジングだけではもったいないぐらいのパワーなので、余っている分で圧縮する処理をさせようということなのかなと。

でもメモリーのサイズは年々増えていて、標準で4GBや8GBが当たり前になりつつある。増設すれば16GBや32GBなどにも出来る。使い切れないほどのメモリーをわざわざ圧縮する必要があるのか?

たぶん、こういう高機能の処理を導入すると古いMacでは処理が追いつかなくて、ちょっともたつく感じになる。すると新しいMacが欲しくなる→新しいMacが売れる→アップル儲かる、という算段なのではないかと邪推してしまう。ま、新しいOSは新しいMacのためにあるわけなので、致し方無いとは思うのではあるけれども。

マックメム店長 猪川紀夫
 
デザイナーM氏がとんでもないトラブルに巻き込まれた!

アップルのOSX 10.9 Mavericksを無料化戦略。iPhoneが人質なので強気なのかも。


Marverics


OSX 10.9 Mavericksがリリースされた。

今回のアップグレードはメジャーアップグレードだが無料。無料でやっていけるのか?的な話がネット上で持ち上がっているが、個人的にはアップルらしい戦略だなと思っている。

無料化の一番の理由は新しいハードウエアを購入させることに違いない。

通常最新のOSというのは最新のハードウエアに最適化されている。メモリーも沢山食うし、処理能力も必要とする。なので、古いMacユーザーが10.9をインストールすれば微妙に遅くなったと感じてしまうはず。新しい機能が導入されているのでしかたないかもしれない。(2007年以前のMacユーザーはアップグレードさえ出来ない)

そんなOSならわざわざバージョンアップしなければ良いじゃんと思うかもしれない。個人的には10.8でも十分満足しているし。ところがここはアップル、iPhoneを人質に取っているのですよ。

Macのユーザーの多くはiPhoneを使用していて、iPhoneをiTunesを利用してシンクロするのだが、そのうち10.9でしか動作しないiTunesをリリースして来るだろうなと思う。iPhoneのiOSも進化してるのだが、新しいiOSは新しいiTunesでないとシンクロ出来ないことにしてしまえば、ユーザーは嫌でも10.9をインストールしないわけにはいかない。2007年以前のMacユーザーは新しいMacを購入しなくてはいけなくなる。

iPhoneを多少使い勝手が悪くても単体で使用するという覚悟があれば、10.9を入れなくても良いのだが、そこまで頑なに拒むようなことでもないし。

これはアップルのユーザーいじめというよりも”新しい時代には最新のハードと最新のOSをどうぞ”とお勧めしてくれているぐらいに考えれば気持ちよく新しいMacを購入できるんでしょうね。あ〜結局アップルの思う壺w。

マックメム店長 猪川紀夫
 
MacのメモリーテスターRember

iPhone 5s/5cが発表で、iPhone 5の一括0円が盛況の様子


Unknown

9月11日にiPhone 5s/5cが発表となった。auやSoftbankのiPhone 5の在庫はどうなっているのかとネットを徘徊してみると、いろいろなショップでMNP一括0円やっている様子。在庫まだまだあるということですね。中にはiPhone 4sの在庫もあるようで、こちらはMNPでなくても一括0円になる感じ。でもいまさらiPhone 4っていうのはないよなとは思う。

iPhone 5s/5cでなくて良いというのなら、iPhone 5の一括0円悪くない選択だと思います。

(追加)
10月14日現在、なんとiPhone 5投げ売り状態!近所の正規のauショップを通りかかると16GBモデルが一括0円に2万円のキャッシュバックのセールをしていたのだが、ネットでチェックしてみると非正規店では一括0円に5万円とか7万円のキャッシュバックをしている。auの在庫がかなり余っちゃっているのかもしれない。

(追加)
11月18日現在、iPhone 5cでも一括0円が始まった模様。iPhone 5c 16GBが一括0円にキャッシュバック1万円〜がついている感じです。Docomoも参入したので、もしかしたら各社在庫がかなり余っているのかも。

NAVERまとめにあった情報にリンクしておきます。

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その1

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その2

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その3

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 おまけ

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 おまけ2

マックメム店長 猪川紀夫
 
OSXでのメモリートラブルの謎

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 おまけ2

その1その2その3おまけの続き。

結局これが最終的な請求額2702円。
今月は通話料が20円入っているので、通話がなければは2600円台ということになる。
(通話はau間昼間、au家族間24時間、無料)

 

ご利用項目 金額(円) 内訳(円) 備考
■080XXXXXXXX 2,702
基本使用料 0
 LTEプラン 1,868
 誰でも割+家族割 -934 基本使用料の50.0%割引
 基本使用料割引額 -934 学割(学生)
オプション使用料 6,000
 LTE NET 300
 LTEフラット 5,700
 テザリングオプション 500
 オプション使用料割引額 -500 テザリングオプション無料キャンペーン
通話料/LTEプラン 20
 通話料 20
通信料/LTEフラット 0
 通信料 99,024
 LTEフラット割引額 -99,024 ご利用パケット通信料を全額割引します。
請求総額割引 -3,449
 毎月割 -2,039 2015年 6月ご請求分まで適用
 auスマートバリュー -1,410
ユニバーサルサービス料 3 1番号当たり  3円のご請求となります。
消費税額 128
 

iPhone 5sが出るまではまだまだキャンペーンをしているはずなので、よろしければ是非。

マックメム店長 猪川紀夫
 
マックとメモリーの関係

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 おまけ

その1その2その3のその後。

妻(と息子)のためにiPhone 5を一括購入してから2ヶ月強が経過し請求書が2回届いた。

6月に届いた請求書(5月分の請求)

LTEプラン基本使用料:903円(au学割で1807円の半額)
LTE等通信オプション使用料: 5,322円
au通話定額24: 0円
通信料: 0円
契約事務手数料: 3,000円
オプションアプリ代金: 900円(今月のみ)
ユニバーサルサービス料: 3円
消費税: 461円
========================
合計:10.634円

最初の月は各種割引が適用されないことと、事務手数料が加わるために7000円ほど高め。

======================================
7月に届いた請求書(6月分の請求)

LTEプラン基本使用料:0円(乗り換え+au学割)
LTE等通信オプション使用料: 6,000円
au通話定額24: 0円
通信料: 0円
月々割: -2,039円
スマートバリュー: -1,410円
Apple Care+: 382円
スマートパス: 980円
ユニバーサルサービス料: 3円
消費税: 195円
========================
合計:4,111円

あらら?予定では、2700円程度になるはずが、実際には1000円以上高い。なぜ?調べたら原因が2つあった。

1.Apple Care+代金:iPhone契約月末にキャンセルしたのだが、請求が翌々月に来るため、今月だけ請求された。

2.スマートパス代金:auのサービスでスマートパスとビデオパスというのがあるのだが、契約時に加入していたものを解約したものと勘違いして解約していなかった、らしい。orz。

なぜスマートパス代金の解約忘れに気づかなかったのか。これは最初の1ヶ月が無料で利用できるため、最初の月の請求がなかったからだ。請求がないので契約自体について完全に忘れていた。もしこれをauが戦略的にやっていればかなり賢いと思う。契約の翌月は請求書をしっかりチェックするが2ヶ月後にはあまりチェックしなくなり、結果請求されているのに気づかず支払い続ける可能性がある。

<教訓>アプリとスマートパスの解約は確実に行うべし!

ということで、来月から2700円弱の請求書になることを期待している。

P.S.
先月発生したLTEトラブルのお詫びとして700円を割引するということであったが、契約している3回線のうち1回線だけが対象となり割引を受けていた。あと2回線は本当に問題がなかったのか?とややモヤモヤしているが、目くじらたをたてて文句を言うまでもないので放っておく。

おまけ2に続く。


マックメム店長 猪川紀夫
 
OSXでのメモリートラブルの謎

Mac KeyboardのキートップをWPで表示出来るようにしてみた

Apple Keyboardのキートップが表示出来るCSSを見つけたので、実装してみた。綺麗だなと感心しています。今後ショートカットを書く時はこれを用いてみたいと思う。

印刷 + P

新規ウィンドウ + N

別名で保存 + + S

元ネタ:coliss.com

マックメム店長 猪川紀夫
 
プロジェクトN

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その3

その1その2からの続き。

まず補足。”妻のために”というタイトルでありながら、息子の学割で携帯を購入したという話になっているのだが、実は息子と妻の2台のiPhoneを一括0円で購入したのでこのような書き方になった。決して息子名義で妻のiPhoneを契約したわけではないが、そういうことも可能だという一面はある(苦笑)。電話を使わない小学1年生でも契約が出来るようなので、その点はうまく利用して契約されると良いと思う。

一方で、妻のiPhoneに関しては0円ではなく1万円程度になるのではないかと想像していた。というのも、MNP+学割一括0円、学割なし9,800円という表記が一般的なためだ。ところが嬉しい誤算で、息子の学割があると学生の家族も同じ割引を受けることが出来るのだとか。それは基本料が無料になるというような利用料の値引きだけではなく、本体についても同様のサービスを受けることが出来るのだそうだ。これはかなりお得感がある。

そして、実は当初、息子は携帯をほとんど使わないので(たまに塾の帰り等に電話をかける程度)なのでガラケーで良いかと思っていたのだが、iPhoneが0円ならわざわざガラケーにする理由がないということでiPhoneを2台購入することにしたのだ。

もし息子のLTEネット/LTEフラットというネットサービスを解約し、ネットはWi-Fiで、外では通話だけの利用とすれば毎月0円で維持することが可能(正確にはユニバーサル料金がかかり3円)なのだ。つまりiPod Touchを2万円とか3万円を支払って購入するよりも、iPhoneで一括0円で電話機能付きiPod Touchが手に入れたほうがお得ということになる。

なぜこのような、セールが行われているかというと、巷の噂ではauはiPhoneを販売するかなり多くのノルマがあり、新しいiPhone 5sとか廉価版が出てくる前にiPhone 5を売り切らないといけないということらしい。またiPhoneを無料で提供しても、MNPによって他社から回線利用者を引き抜けることと、iPhoneのパケット定額で回収出来ると考えているようだ。実際に利用者は月々3〜5千円(契約内容によるため幅がある)を24ヶ月支払うわけなのだから、auとすれば死に在庫になってお金を生まないiPhoneよりは、本体0円にしてもお金を生み出してくれたほうがうれしいに決っている。

7.まとめ
いづれにせよ、ソフトバンクのiPhone 4や4sの契約が終了となり、新しくiPhoneを狙っている方はauのiPhone 5は狙い目だと思う。iPhone 5sや廉価版は夏ごろになるという予想なので、あと2ヶ月ほど待てるなら待ってもよいかもしれないが、その間月々割のない通常料金を支払うのが嫌だという方はぜひどうぞ。お薦めします。

MNP+学割一括0円でiPhone 5を購入でかかった費用
==========================================
ソフトバンクへのMNP転出代金 2,100円
au 事務手数料 3,150円

auオプション
 AppleCare+(382円/月)→1ヶ月で解約
 au通話定額24(500円/月)→1ヶ月無料で解約
 auスマートパス(390円/月)→1ヶ月無料で解約
 auビデオパス(590円/月)→1ヶ月無料で解約

有料コンテンツ
 NAVI TIME(315円/月)→1ヶ月で解約
 駅探(315円/月)→1ヶ月で解約
 ASK Doctor(315円/月)→1ヶ月で解約
==========================================
支出合計 6,577円


月々の支払い(予定)
==========================================
「LTEプラン」(基本使用料)  0円
「LTEネット」(ネット基本料)  315円
「LTEフラット」(パケット定額) 5,460円(スマートバリューの場合5,985円)
テザリングオプション 0円
==========================================
小計 5,775円(スマートバリューの場合6,300円)

値引き分
==========================================
毎月割 -2,140円
スマートバリュー -1,480円
==========================================

総計 3,635円/月(スマートバリューの場合2,680円/月)
(正確な月額使用料については来月、実際に請求が来たらご報告いたします。)

おまけに続く。

マックメム店長 猪川紀夫
 
MacのメモリーテスターRember

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その2

前回の続き。

ちょっと、その前にショップ選びについて補足。

Twitterにセールをしているお店やセールの情報があることが多いと書いた。

それで、Twitter上の検索窓から「au iPhone 一括」というようなワードで検索すると全国の安売りケータイショップが見つかる(グーグルだと見つからないことがある)。ここで現在の全国的な相場を把握して、次に検索窓から「au iPhone 一括 XX」(XXには地元の名前を入れる)で検索してみると自分の地域周辺での相場や安売りをしているショップが見つかると思う。


twitter
5.ショップ訪問
実際に隣町のケータイショップに足を運んでiPhoneを一括0円で購入したい旨を伝えた。

自分「TwitterでiPhoneをMNPの学割で一括0円で購入出来ると書いてあったので来ました。」
店員「息子さんは何歳ですか?」
自分「中学生です。」
店員「中学生ですとご本人に来店いただかないと学割ではご契約になれないんです。」

orz。あえなく撤退。

ソフトバンクの時は息子がいなくても息子の身分証明書(保険証や学生書)だけで契約出来たのだけれど、auが厳しいのか、ソフトバンクの時は息子が小学生だったのでOKだったのか?

で、調べてみると、auは12歳以上の学生は当人が来店する必要があって、ソフトバンクは代理人でもOKという感じ(の様子)。ただ、これはお店によって対応が微妙に違うようなので、契約を考えているお店に電話等で尋ねたほうが間違いはないと思う。

ただ、うちの場合はちょっと問題で、息子は部活をしており、平日も週末も自宅に戻るのが18時頃。その後塾に行く日もあるわけで、いつでもケータイショップにいけるわけではない。また、お店に行けたとしても19時頃になり、それからiPhoneの契約となると1時間程度かかるはずので、そんな時間に息子と街中をプラプラしていたくない。そういう時間的な制約から、息子出向かなくても良いお店が望ましい。

そこで、別のいくつかのケータイショップに問い合わせてみると「保険証と学生書があれば学生様ご本人がいらっしゃらなくても親御さんだけで契約出来ますよ」というお店が見つかった。よかった。ということで、そのお店に保険証と学生証、そして自分の免許証を持って伺ったところ問題なく契約することが出来た。

6.契約
iPhoneのMNPによる乗り換え+学生割引であれば、一括0円で契約が出来るのだが、その他にちょっとした条件が追加されている。

「auオプション」の加入と、「有料コンテンツ」の購入である。

まず、「auオプション」であるが、
1.LTE NET/LTEフラット(パケット定額5775円/月)
2.AppleCare+(382円/月)
3.au通話定額24(500円/月)
4.auスマートパス(390円/月)
5.auビデオパス(590円/月)

1については必要なので契約はするが、2〜5については不要なので契約時に加入はするが、自宅に帰ってキャンセルを行った。3〜5についてはネット上”auお客様サポート”にて解約手続きが行える。大変簡単。2のAppleCare+の解約はについてはauショップにて手続きの必要がある(auに電話をしたら電話では解約できないのでauショップで御願いしますとのこと)。auショップであればどこでも良いようだ。

2〜5についてはiPhone本体が無料なわけだから2000円程度の出費は致し方ないと思っていたが、なんと3〜5は登録後1ヶ月無料ということで1ヶ月以内のキャンセルであれば全く費用が発生しないということで、支払うのは1と2の費用だけとなる。

次に「有料コンテンツ」であるが、私が契約したお店では3つコンテンツの購入を義務付けていた。お店によって5つであったり、10個であったり、全くなかったり様々なのでこれも契約前に問い合わせておくと良い。

自分は「NAVI TIME」「駅探」「ASK Doctor」を購入。それぞれ月額利用料315円。合計945円。不本意であるがせっかく購入したで1ヶ月使用してもよいのだが、来月にキャンセルするのを忘れると悔しいので、すぐにキャンセル手続きをした。こちらはiPhoneのSafariからそれぞれにアプリのHPに入って、退会手続きをするだけ。1コンテンツ5分程度でキャンセル出来る。これも難しくない。


containts
その他の費用としては、事務手数料3,150円とソフトバンクに支払うMNPの転出費用2,100円ということになる。

契約時間としては30分程度。その後1時間ほどで開通となった。

次回に続く。

マックメム店長 猪川紀夫

デザイナーM氏がとんでもないトラブルに巻き込まれた!

妻のためにiPhone 5を一括0円で購入した顛末 その1


iphone5

2013年5月現在、auでiPhone 5が安売りされている。そこで妻に1台購入しようと考えて色々と調べ実際にゲットしてきたので、同じような境遇の方に情報を共有できればと思い、これを書いている。

MacとかiPhoneについて自分の知識はそれなりにあるとは思うのだが、携帯ショップの販売体型等全く無知で、駅前のショップに提示されている「一括0円」、購入条件の「オプション」「コンテンツ」ということは何なのか全くわからなかった。そんな私のような”ケータイ購入初心者”の方のお役立てればうれしいです。

ゲットしてしまった今となれば、何てことは無かったわけで、もしiPhone 5をお探しであれば、新しいiPhone 5sが出る前にiPhone 5を購入されることをお薦めします(たぶん5sが出るまでどんどん安売りが激しくなるとは思いますが)。

1.背景
こちらで詳しく紹介しているのだが、妻はネットに関してあまり詳しくなく、携帯もあまり使わない。それにも関わらずある時1万円にもなるような請求書が届いた。妻の携帯はほとんど利用しないのでパケット定額にしていなかったのだが、そこに息子の部活に関する1MB程のPDFファイルの添付されたメールを複数回受けたのだ。ネットではPDFだろうが動画だろうがタダなのだが、携帯のパケットは大変高額で1万円を超えてしまったわけなのだ。今後、こういうこうとが起きる可能性があることを考えると妻の回線をパケット定額にしていたほうが良いし、パケット定額にするならiPhoneを持つべきだと考えたのだ。

2.ソフトバンクかauか
妻はソフトバンクの回線を利用していたのだが、4月末で契約満期となった。それで、そのままソフトバンクと契約を延長するよりも、どうもMNPを利用してauに乗り換えたほうが月々の回線使用料がお得の様子。自分のiPhoneもそうやってauに乗り換えたので、妻の回線も同じようにauに絞ったわけだ。

3.ショップ選び
購入するショップを探すために、ググるといろいろな携帯ショプが出てくるわけだが、大きくわけて(たぶん)2種類ある。

1つはauの直営ショップ。もう1つは各社の携帯を取り次いでいる代理店的ケータイショップ。後者はセールをすることが多い(というかケイタイで差がつけられるのは価格だけなので安売りだけが存在意義かも)。比較的駅前などの小さなスペースに居を構えている場合が多い。そしてちょっと怪しい(苦笑)。お店によってだが、直営店の店員さんはスーツ姿だが、ケータイショップの店員さんは店のTシャツにジーパン姿のような感じ。対応は気さくというかフレンドリーというか。悪く言うと軽いというか教育されていないというか。

さて、どちらのショップにするか。安そうだし、どうせなら未知なる体験ということで、この後者で購入してみることにした。

それで、この手のケータイショップではセールの情報は店頭に貼りだされていることが多く、あまりネット上に情報が流れない。たぶん他店との価格競争ゆえに自分達の価格を晒したくないのではないか。とはいえ、ネットに情報が皆無かというとそうでもなく、Twitterでセールの案内をしていることが多い様子。たぶんTwitterはブログと比較して操作が簡単なことと、データがとどまらず、さっと流れて消えてしまうので情報を晒したくない場合に有効なためではないか。

そしてTwitterをチェック結果、隣駅のケータイショップでiPhone 5 16GBの一括0円を行なっていたのでそこに絞った。

4.一括0円
この一括0円という表現なのだが、知っている人は知っているし、自分のように無知なものには、auショップの料金体系とどう違うのかよくわからない。

auのiPhone 5の16GBは定価が51,360円となっている。auでiPhoneを利用する場合本体を一括で購入するか分割で購入するかを問わず、51,360円をauに知らわなければいけない。24回の分割払いにすると毎月2,140円をauに支払うのだが、auはiPhone利用者に対して、毎月割というのを提供し、利用者の請求代金から毎月割分を値引きしてくれる。この金額が2,140円。支払う代金と値引きしてくれる代金が同じので、よって本体代金がかからないのと同じことになる。これを「実質0円」と呼んでいる。

それでは、「一括0円」と「実質0円」の違いは何か。「一括0円」というのは本体代金が全く無料、0円であることを言う。つまり毎月2,140円支払わなくても良いことになる。その上で本体の値引き分2,140円を受け取ることが出来て、利用料金から差し引いてもらえる。これが「一括0円」ということ。つまり「実質0円」よりも「一括0円」は毎月2,140円分お得ということになる。この額は大きい。iPhone 5の回線利用料は通常6千円ぐらいで、そこから2千円強が引かれるわけなので3割引以上お値引きということになる。

次回に続く。

マックメム店長 猪川紀夫
 
マックとメモリーの関係

Mac版LINEのログイン画面から先にいかん!その2

OSX版Lineがログインしようとしています、という表示のまま止まってしまう症状が発生していて、それをなんとか解決したという話。その1の続き。

OSX版LINEといような項目でサーチをしても、全然欲しい情報が見つからない。何が問題かというとLINEという名前。LINEというのは一般的な名称過ぎて、いろいろな情報がひっかかってしまって無料通話アプリであるLINEに関する情報だけを見つけることが出来ない。

はてさて、どうしたものか。

LINEは何かのローカルにあるファイルとかキャッシュにアクセスして自分のIDやパスワードの情報を得ているはず。であれば、ログイン出来るアカウントでログインしてみて、どのファイルが更新されているか見つければ良いと考えた。

さて、ログインしてログアウト。その後Spotliteにて検索するも、更新されたファイルが見つからない。どうも不可視ファイルを更新しているらしい(当たり前か)。

そこで登場はOnyXというユーティリティー。


onyx

これはOSXの様々な隠れ機能を使えるようにしてくれユーティリティー(でも、飛び道具なので扱いを間違えるとシステムを壊す可能性があるので要注意)。

それで、不可視ファイルを見えるように変更して、Spotliteでサーチ。するとHOME>ライブラリー>Containers>jp.naver.lineというフォルダーが見つかった。

不可視ファイル

このフォルダーの中にいくつかのファイルがあるのだが、一部だけコピーして不整合が出てもいけないので、フォルダーごとコピーして、ログイン出来ないアカウントのフォルダーにコピー。

すると、ログイン出来るようになりました。めでたしめでたし。

<追記>2013/05/04
ユーザーの下層にあるライブラリーにアクセスするだけなら、Onyxを使用しなくてもアクセスすることが可能だ。Finderのメニューバーにある”移動”をマウスでホールドしながら、オプションキーを押すとライブラリーが現れるので選択すればアクセス出来る。

マックメム店長 猪川紀夫
 
深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

Mac版LINEのログイン画面から先にいかん!その1


LINE
ここ数ヶ月ずっとMacからログインが出来ずにいたLINEにログイン出来るようになったので、ここで報告をしようと思う。

そもそも自分の場合LINEは通常、家族とのコミュニケーション手段として用いている。LINEでの通話はほとんどしない。トークというメッセージのやりとりが主だ。

さて、トラブルの原因は何だかわからないのだが、ある時からログイン画面で”ログイン中”となったままログインも、ログイン出来ませんとも、何の変化もないままに、ずっと待たされる現象が発生した。

LINEでトラブルが発生した数ヶ月前というのはLINEのMac版がリリースされたばかりだったので、バグだろうと思っていた。だからアップデータが出れば解決だろうなんて思っていたけれど、アップデータが出てアップデートしてもそのまんまの状態がずーっと最近まで続いていた。

iPhoneが手元にあるので、Mac版でなくても良いのだけれど、キーボード派の自分としてはiPhoneで文字を打つのがあまり得意ではない。なので、ぱっとメッセージを送りたい場合iPhoneだとストレスがある。特にMac上で見つけたネットの情報を送りたいような場合、iPhoneで自分宛にそのURLをメールで送って、そこでカット&ペーストをして、LINEのメッセージに載せるというようなことをしていたわけなのだけど、それがほんとうに面倒くさくて、これは問題解決をしなくてはいかん!と思い立った次第。

まずはどこに問題があるか原因を絞り込むために、OSXのダミーのアカウントを作ってログインをして、そこからLINEにログインしてみたところ、これはうまく行った。つまりアプリ自体の問題とか、自分のハードウエアの問題、ネット環境の問題ということではないことがわかった。

ということは、自分のアカウントの中、つまり自分の”HOME”のどこかに問題があるのだ。たぶん、HOMEのどこかに、処理途中のファイルとかキャッシュがあって、それがうまく処理出来ずに、処理が何かを待っている状態が続いていると考えた。

そこで、先ほど作ったダミーのアカウントでログインをして、ログインのタイミングで作られたか、開かれたファイルをサーチしてみると、どこにもない。うーん、おかしい。

LINEはログイン時にどんなファイルを作ったり、開いたりしているのかGoogleで検索してみた。

しかし、全然欲しい情報が見つからない。何が問題かというとLINEという名前。LINEというのは一般的な名称過ぎて、いろいろな情報がひっかかってしまって無料通話アプリであるLINEの情報を見つけることが出来ない。

はてさて、どうしたものか。 次回に続く。

想像以上に使い勝手よろし!BOOK DARTS


BOOK DARTS

BOOK DARTSなるブックマーク(しおり)を購入してみたのだが、これが使い勝手が想像より良かったのでご報告。

以前から、本にはさむしおりを探していた。

本屋で無料で配っている書店の名前が入っているような紙のしおりではちょっと安っぽい。
それではと、購入しようとすると革のような高級なものしかない。
安っぽくなく、かつあまり高くないしおりが欲しかった。

飽きやすい性格?なので、本を複数並行して読むことが多い。
そうすると一度に複数枚のしおりが必要なので、高いと困るのだ。

ネット上の紹介でBOOK DARTSなるものがあることを先日知った。
12個入りで価格は400円+送料80円。1個40円ならあまり懐が痛まない。ということで購入してみた。

まず思った以上に薄くて軽い。本の1ページに挟んでも全く気にならないほど。

BOOK DARTSBOOK DARTSBOOK DARTS

感動的なのが、BOOK DARTSの脱着。ススっと入って、ススっと取れる。
といって勝手に取れるような感じの甘い圧力ではない。はさむ圧力が絶妙ということです。
単純に金属を折ってあるように思うのだが、紙に接する表面積とかが計算されているんだろうなと思う。

また使用例では、単純に挟むだけではなく、ダーツの先でどの行まで読んだかを指すことが出来るとか。なるほど。

ということで、実際に使ってみてまたご報告できればと思っています。

マックメム店長 猪川紀夫
 
プロジェクトN

SMSははLINEと違って有料なのは知っていたけど、orz

今月のはじめ、70歳を超える母から「元気にやってる?」という内容のショートメッセージが届いた。「元気でやってるよ」といような返事を返し、二言三言メッセージのやりとりをした。

昨年、パソコンどころか、携帯だってよくわからない母が、友達がメールをやっているから自分もメールアドレスが欲しいというようなことを言い出した。メールアドレスも何も、アルファベットもよくわからない感じなのにメールアドレスは打てないだろうとちょっと放っておいたのだが、誰から聞いたのかショートメッセージを利用することを覚えたらしい。

ショートメッセージの送り先は電話番号なので、難しいメールアドレスを覚えたりする必要もない。高齢のおばさまがたにはちょうど良いのかもしれない。

さて、その数日後にauから先月の請求書の案内が届いた。請求書の内容をチェックするためにauのサイトから、自分のアカウントにログインして請求書をチェック。それ自体は何の問題もなかった。

ところが、まだ数日しか経過していない今月の使用状況がふと目にとまった。電話代が18円請求されている。


SMS


まてよと。今月になってまだどこにも電話をした記憶がない。なぜ電話代金がかかっているのか?そこで、詳細をみてみると「SMS送信」となっている。

何!母との二言三言交わしたメッセージが18円!母はドコモで、自分はau。無料ではないとは心の片隅ではわかっていたつもりだったが、テキスト全体で100字にも満たないメッセージが18円もするとは!

iOSのメッセージアプリのインターフェースってLINEなどと全くかわらない(というかLINEが同じインターフェースにしているのだけれど)。なので、ショートメッセージを全く無料の感覚で利用してしまいがちなのだが、実際には通話扱いなのでそれなりの代金がかかる。

何となくは有料であることはわかっていながらも、こうやって代金を見てしまうとコストパフォーマンスの悪さに驚く。というか、本当はネットの利用とかLINEの利用がただであることを驚かないのかもしれないのだけれども。

幸いにしてこの時は短い会話で終わったのだが、もしもくだらない世間話を長々としていたらと思うとちょっと怖い(と言っても数百円だとは思うのだけれど(苦笑))。ということで、改めてショートメッセージ恐るべし、と知った瞬間であった。

マックメム店長 猪川紀夫
 
プロジェクトN

iPhone 5のパノラマ撮影が予想以上によく出来ていて感動!

昨日、ベイスターズファンの息子と一緒に、横浜スタジアムでプロ野球観戦をしてきた。
その甲斐あって、ベイスターズ快勝!

それはさておき、試合前にiPhoneで写真をとったりするわけなのだが、広すぎて画面に収まり切らない。


hamasuta1


「あ、iPhone 5にはパノラマ機能があったな」と思い出して、トライしてみた。


hamasuta2


で、これが結果(クリックすると幅1000pxの画像になります)。予想以上に臨場感出てません?いいですよね。手前味噌ですが、感動しました(客席ががらがらなのは毎度のことなんですけど、苦笑)。これ標準の写真アプリを起動して、オプションでパノラマに選択して、カメラを左から右にパンしただけ。難しい設定一切なしってのがすごく便利。

これまでパノラマ機能ってテスト的に自分の家とかでは使ったことがあったんです。でも、それはテストであって、機能として動作するのを確認しただけ。家の中なので迫力もないわけで。

で、今回、実際に画面に収まりきらないぐらいの大きい場所で実際に試してみてそのすごさに驚いたというわけです。昔ならフォトショップでつなぎ合わせるような処理をするのだけど、こういうことを自動でiPhoneがやるってところがもうパソコンだなと感じるわけです。

パノラマ撮影の詳細はITmdediaの荻窪圭氏のこちらの記事が良くわかります。

マックメム店長 猪川紀夫
 
OSXでのメモリートラブルの謎

バリバリのMacユーザーの自分が、ちょっとだけPCユーザーをうらやましいと思うところ。

最近のMacは何でも出来る。すごく便利。買ってきてすぐに使えて、余計な作業をする必要がない。
でも、昔からのMacユーザーとして、何かちょっぴり物足りないと感じるのは自分だけなんだろうか?

昔のMacはひどいもので、自分でいろいろなことをしなくてはいけなかった。

まずメモリーが少なかったのでメモリー増設。
それからHDも容量が少なかった(HDがないこともあったけど)ので、数ヶ月で換装。
CDドライブは別売りなので、外付けのものを購入して接続。
ネット接続なんてなかった、モデムを買ってきてパソコン通信のために設定に悪戦苦闘したり。

で、そのような改良・改造作業にえらく時間がかかった。でも、そのせいで愛着が生まれたものですよ。

米国の行動経済学者のダン・アリエリーは”IKEA効果”なんて呼んでいるのだけれど、自分で手を加えたものは、手を加えていないものよりも、愛着が生まれるそうな。

このIKEA効果によって、昔のMacユーザーは新しいMacが出ても”買い換え”ずに”買い増し”ていたのだ。結果、家じゅうMacだらけになっていった。

実は、もしかすると、PCユーザーは今でもこのIKEA効果を経験しているのかもしれない。
Macユーザーとして、その点だけはPCユーザーがちょっとうらやましい。

で、ぐぐってみたら、PowerMac G5のボディーにPCいれちゃっている人がいるし。G5のボディーがたった1000円!安すぎでしょ(苦笑)。


PCinG5


マックメム店長 猪川紀夫
 
MacのメモリーテスターRember

iTunesカードを無くしても、あなたはアプリを購入出来るか!?

iTunesカード


以下の2つの場面を想像してみて欲しい。

ケース1
iTunesストアでアプリを購入しようとする。
以前1000円のiTunensカードを買ったなと、財布を見ると無い!どこかで落とした〜!ショック!
さて、あなたはアプリを購入する?

ケース2
iTunesストアでアプリを購入しようとする。
財布を見ると1000円が無い!どこかで落とした〜!ショック!
さて、あなたはアプリを購入する?

前者ではアプリを購入を断念する人が多く、後者ではアプリを購入する人が多いんですって。
よくよく考えると、ケース1、ケース2、ともに1000円の資産を失っているのだけど、人は単純にそうは考えない。

これ「こころの会計」なる現象で、出費に対して自分がカテゴリーわけしていて、その中でやりくりするのだとか。

つまり前者ではすでにアプリの予算1000円を使いきってしまったのでアプリは買えないという気持ちになり、
後者は、カテゴリーわけされていない1000円を失っただけなので、アプリの購入に影響を与えないことが多いようです。

マックメム店長 猪川紀夫
 
アップルのメモリーの残念なところ

契約終了後に1ヶ月割引もなしに携帯料金を支払わせるうまい方法。


月々割

今更だけど、携帯の契約の仕組み考えている人って天才だなって思う。

今回妻と息子の携帯の2年契約が3月末で終わったのだけど、ソフトバンクの月々割が1ヶ月残っていることがわかった。確かに契約時に「月々割は契約月の翌月から開始になります。」とさらっと言われたことを、今更ながら思い出した。その時は何で翌月からなの?と思ったけれど、全然深く考えなかった。でも、今になって思うとこの1ヶ月が本当に絶妙。

最初の1ヶ月は割引のないフルの料金を支払っているわけなのだけど、あまり痛く感じない。これは新しく携帯を購入した高揚感のせいであったり、契約事務手数料等の特別な支払いとかに隠れてしまうことだったり、割引をしてくれるのための登録に時間がかかるのだからギブ&テーク的な感情が働いているからだと思う。

でも、この割引のない料金が最初の1ヶ月目ではなく、最後1ヶ月だったらぷちっと切れると思う(苦笑)。こっちは新しい携帯が欲しいのに、古い携帯に割引がないフル料金を支払わせるとは何事だ!という感じ。

最初の1ヶ月が高い料金でも2ヶ月目から割引が効いて下がる分には誰も文句をいわない。でも、24ヶ月まで安い割引料金だったのか25ヶ月目だけ1ヶ月だけ高い料金に上がるとしたら嫌なんだよなー。支払い合計金額は同じなんだけれども、人の感じ方っ全然違う。

これ、俗に言う「ピークエンドの法則」ってやつで、最後に良い印象をもつとそのイベント全体を良いと評価するし、逆に最後に悪い印象を持つとそのイベント全体を悪いと評価してしまう傾向が人にはあるんです。つまり結構最後は大切ってこと。なので、携帯会社としては静かにフェードアウトするほうがお得と判断しているんでしょうね。

なので、携帯の料金を考案している人は、その感情を逆撫でしないように、気づかれないように、しれっと徴収しているわけなのだが、その技術が本当に素晴らしい。その素晴らしさのおひねりとして、解約を1ヶ月待つことにいたします(苦笑)。来月までにiPhone 5s出ないかなー。

マックメム店長 猪川紀夫
 
デザイナーM氏がとんでもないトラブルに巻き込まれた!

ジョブスの給与が1ドルだった本当の理由はこれだ!!!www

この猿の実験、最高www。14分ごろからスタートします。





2匹の猿を隣同士にして、一方にきゅうりを与え、一方には好物のぶどうを与える。ぶどうをもらえない猿は怒って、きゅうりを投げつけちゃうwww。

相手の猿がぶどうもらっていることは、本当は自分とは関係ないんだけど、なかなかそうは思えない。きゅうりを投げつけないで、食べたほうがよっぽどくお得なんだけど、損をしてでも自分の怒りを表現したくなることがあるので、彼の気持ちわかります。

相手が不正なやりかたで1万円儲けたら、自分が1万500円を払っても相手を損をさせたいと思うなんて研究もあった。特に男は怒るとみさかいがつかなくなって、損をしてでも相手をとっちめてやろうとする傾向があるので、怒らないほうがお得なんだとか。

さて、ジョブスはアップルに復帰後に給与を1ドルだけもらっていた。

自分の利益ではなく、アップル将来を危惧して戻ってきたということをアピールするには十分なパフォーマンスだったと思う。もし彼がたくさん給与をもらっていたとしたら、長時間働いている割に安い給与のアップル社員は不公平感のゆえにジョブスの言うことを聞かなかったかもしれない。

彼には十分な資産もあったし、アップル社員がそのカリスマ性に魅了されてバリバリ働いてくれるなら数億円の給与を放棄するなんて安いものだったのかも。その結果アップルは成功して、彼はストックオプションによって数十〜数百億円というような巨額の資産を手に入れた。それに確か役員会から、サンフランシスコのピクサースタジオとクバチーノを往復するために数十億円の自家用飛行機を提供してもらっていたりするので、給与なんて痛くもかゆくもなかったのではないかな。

マックメム店長 猪川紀夫
 
デザイナーM氏がとんでもないトラブルに巻き込まれた!

携帯をほとんど使わない妻にiPhoneをもってもらおうと思ったわけ。

妻と息子のソフトバンクのガラケーの契約が3月末で終了。

息子は緊急用にしか使用しないのでどんな携帯でも良いのだけれど、妻の新しい携帯はiPhoneを考えている。

妻もほとんど携帯を使用しないのでガラケーで良いかなと思うのだが、iPhoneにしようと思ったのは、かつてパケットの使いすぎですごい請求書が来たことがあるためだ。

ある月の携帯の請求書の額が1万円ぐらいになっていて、ピックリ。請求書の詳細を見るとパケット通信量が多い。

妻はネットに入っていないというし、何か起きたのか調べてみると、部活の父兄の回覧メールに1MB程度のPDFファイルが添付されてきていて、そんなメールを何通か受けたらしい。

妻はMacをメインにしているので、携帯でネットをしない。よって、パケット定額にはしていなかった。

ところが、普通の奥様方はパソコンがなく携帯しか持っていないため、携帯でネットをする。よって、ほとんどの人がパケット定額。だから、大きなPDFだろうがハイレゾの写真だろうがバンバン送受信してしまう。パソコン代わりに使っているのだからある意味仕方がない。

でもそんなメールがパケット定額ではない妻宛に送られて来てはたまらない。

なので、大きなファイルはGmailに送ってね、と御願いしたものの相手もそんな”高度”なことが出来ないような奥様ばかりでうまくいかない。では全部のメールをGmailにしてねというと、妻からのGmailからアドレスが携帯では受けられないとかなんとかで、これまたうまくいかない。

一応大きなファイルは受ける前に確認、というようなワーニングを出すように妻のメールの設定をしたのだが、面倒くさいんですね。

であるなら、いっそパケット定額にするか、という話になり、ガラケーでパケット定額にしてももったいないので、それならiPhoneにしてしまおうという話になったわけだ。

で、新iPhone 5sやら廉価版が出る前にiPhone 5を売り切りたいんでしょう、16GBが一括0円というお店が出てきているので、ちょっと物色している最中です。

マックメム店長 猪川紀夫
 
OSXでのメモリートラブルの謎