植物の話

遠藤のモバイルガーデン:あけましておめでとうございます フウセンカズラの種子とサル

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はフウセンカズラのお話です。フウセンカズラの英語名はバルーンベイン。どちらも風船とツルという意味です。小さな白い花が咲くそうなので庭に埋めてみようと思います。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第26回 あなたの「ディズニー映画」の定義は?

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。ディズニー映画ってどんなイメージでしょうか。魔法とか冒険とか?お姫様とか王子様とか?それに、子供に見せても全く害がなく、それでいて大人も楽しめる、そんな映画の総称かなと思います。自分がメリー・ポピンズを観た時に感じた「Wonder」の再現は可能なのでしょうか。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:「サクランボ」を増やして「サヤエンドウ」を作る話 そして、キウイフルーツを組み立てるまで

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。以前のサクランボの進化に続いて今回はサヤエンドウとキウイについてのお話です。サクランボは1つの果実に1つの種子でしたが、それが増えていった形がサヤエンドウになります。そしてそのサヤエンドウがくっつく形で進化したのがキウイといことになります。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第25回 来年のディズニーは?

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。映画ではピクサーから「Mr.インクレディブル」が登場とのこと。ディズニーからは「ブラザー・ベア」と実写の「ホーンテッド・マンション」。テーマパークでは東京ディズニーランド「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」。タワー・オブ・テラー」が2006年に登場予定です。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:乱舞するハトがついばむもの ハトが教えてくれたケヤキの親心

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はハトが食べている実についての話です。大学の校内でハトがたくさん集まっているところがあるのを発見しました。何かをついばんでいるのですが、何かわからなかったのでハトにどいてもらって確認したそうです。するとケヤキの果実だということがわかりました。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第24回 ディズニーを殺すのは誰か?

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。今回はディズニー社の内紛についてのお話です。創業者ウォルト・ディズニーの甥で副会長ロイ・E・ディズニーが辞めることに。現会長のマイケル・アイズナー氏で派閥抗争のようです。過去の資産を大切にする保守のロイ派と革新を進めるアイズナー派で分裂しているようです。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第23回 ビジョナリーのいる会社、いなくなった会社

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。ピクサーとジョン・ラセター氏についてのお話です。ピクサーは3DCGを利用しつつ、その技術を感じさせないほどのストーリーテリングの能力が素晴らしく、「モンスターズ・インク」ピート・ドクター監督「ファインディング・ニモ」アンドリュー・スタントン監督などが育っています。
Mac

遠藤のモバイルガーデン:アップルストア銀座フォトレポート Say hello to Ginza

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回遠藤先生は開店初日にアップルストア銀座を訪れたそうです。そこで先着で開店祝いをもらってきたそうです。開店祝いというのが。。。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第22回 ハッピー・ホリデー

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。今回は日本と米国のホリデーについてのお話です。クリスマスを題材にしたディズニー関連作品としては「わんわん物語」「トイ・ストーリー」「ミッキーのクリスマス・キャロル」などが挙げられます。そして「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」。次のクリスマスはハロウィンタウンが主催する!
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:果実の進化 葉から果実へ サクランボの場合

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はサクランボのお話です。花がどうやって果実になるのかを見てみたいと思います。サクランボの若い時を見てみると心皮の両端(葉の両端)に種子が付いています。その後種子は葉の内側に入ります。そのあと、心皮が発達してサクランボになるわけです。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第21回 ハッピー・アニバーサリー

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。ディズニー関係の記念日でもっとも大きなイベントはミッキーの誕生日11月18日だとか。1928年11月18日に公開された「蒸気船ウィリー」で登場し、その後120作品に出演、75年たった今も大活躍しています。ディズニーのキャラクターの誕生日は短編映画の公開日となります。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第20回 アニメーションはCGに置き換えられるか

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。ディズニーの手描きアニメとCGの扱いについて語っています。ファインディング・ニモのイソギンチャクはピクサーが数式で導き出したものだとか。コストの問題から今後3DCG化の波は間違いなく進むと思います。ただ、ディズニー以外のスタジオが出てくる良いチャンスかもしれません。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:XJack-Maniac PCカードという箱庭

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はPCカードのXjackシステムのお話です。遠藤先生は色々なPCカードを持っているそうですが、その中でXjackシステムのものが大変お気に入りだとか。モデムカード、LANカード、Bluetoothカード等々あります。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第19回 日本版ディズニーチャンネルスタートに思う

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。日本ではじまる「ディズニーチャンネル」について語っています。午前中はプレスクールの子供向けのコンテンツ、プライムタイムでは怪傑ゾロやデビー・クロケットなど大人向けの映画などを放映するようです。しかし米国と違いニーズがあるでしょうか。NHK教育との勝負です。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:ポストとクローバー 一枚の写真から

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はポストの下に生えているクローバーのお話です。国立駅の南口にあるポストの下にクローバーが生えています。クローバーは通常円形に生えるのですが、ここではコの字型です。なぜこのようなかたちになっているのでしょうか。よく観てみると。。。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第18回 ウォルト・ディズニーとシャーマン兄弟

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。「星に願いを」や「美女と野獣」など、名曲ぞろいのディズニー・ミュージックですが、今回はこのような音楽を作り出したシャーマン兄弟について語っています。「小さな世界(It's a Small World)」、「メリー・ポピンズ」から「2ペンスを鳩に」が有名です。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:猫じゃらし ねこのしっぽは1つじゃない話。

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回は猫じゃらしのお話です。猫じゃらしというのは穂で猫をじゃらすことからエノコログサの異称です。アキノエノコログサ、エノコログサ、キンエノコロ、オオエノコロの4つが猫じゃらしに当たります。この4種を区別する方法ですが。。。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第17回 ミッキーが泣かない理由

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。ミッキーは泣かない」というタイトルの作品について語っています。「このアルバム、本当は『ミッキーが泣いた』というタイトルにしたかったところディズニー側が『ミッキーは絶対に泣かないんだ』と頑として首を縦に振らなかったため、こういうタイトルになったということでした。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第16回 見直してみる。

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。プラチナム・コレクション"第3弾のライオンキングのDVDを購入し観たそうです。風景であるサバンナが特に美しい。雷鳴とどろく平原にたたずむバオバブの木、ふと降り出した雨が流れるシーン、ブロードウェイ版でも象徴的に使われていた朝日の昇るシーンは鳥肌が立つほどです。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:風景の点描 キンモクセイ

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はキンモクセイのお話です。幼稚園の前の道を通って、駅へ向かう途中。オレンジ色のキンモクセイの花を詰めた紙袋を見つけました。それはお母さんへのプレゼントでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました