スポンサーリンク

《お客様からの初代iMac》メモリーを認識させるために大仕事になった話

お客様から送られて来た一番最初のiMacです。OS8で動作していました。こういう風に大切にされているMacを見るとうれしくなります。

マックメムで256MBを2枚ご購入頂いたのですが、1枚分の256MBまでしか認識しませんでした。この場合はファームウエアのアップデートが必要です。

ファームウエアはアップルのサイトにあるのですが、それをダウンロードする手段がないのです。というのはOS8時代のブラウザーでは現在のサイトをほとんど表示できないのです。

このiMacにはFirewireがないので、USB接続のドライブからデータをコピーしようとしたのですが、なんとUSBのドライバーをインストールしないと認識してくれないのです。OS8用のドライバーはないのでこの方法は断念。

次にCDを焼いてCD経由でデータを渡そうとしたのですが、CDを認識してくれませんでした。

次にのMacBook ProからApple Talkで渡そうと試みるも、接続するところでiMac側がクラッシュしてしまうのです。プロトコルが古過ぎるのか?

次にファームウエアのファイルを私のMacBook Proからマックメムのサーバーにアップロードし、そこからiMacでダウンロードすることにしました。これは成功。しかし、なんと圧縮したファイルを解凍出来ない(泣)。

結局OS9が動作するPowerBook G3/LombardのApple Talk経由でデータを渡すことに成功し、、ファームウエアのアップデートとなりました。アップデートは見事成功し、512MBを認識するようになりました。めでたしめでたし。

 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました