新糸巻きメモリー完成!白いインテルiMacよ、かかってこい!

iMacの白いCore Duoのモデルにてメモリーの装着トラブルが発生。

 

お客様がメモリーの脱着レバーを開いたままメモリーを取り付け、脱着レバーが閉まらなくなる。マックメムのメモリーにはスロットが取り出すための補助の糸を巻きつけてあるのだが、それを強く引くと切れてしまったとのこと。そこでメモリーをペンチで引きぬき、メモリーが破損。ううう、正直メモリーが壊れるのは悲しい。

 

アップルはなんでこんなメモリースロットを採用したのか!(もともとの顛末はこちら。)と恨み節を言っても始まらない。問題はメモリーに取り付けてある糸が切れたこと。そもそもメモリーに糸などをつけるところがあるわけではないので、細身の糸を3重に巻きつけた。でも思い切り引くと切れてしまう。ゆっくりと引けば良いのだが、糸があれば思い切り引きたくなるのが人の常。ならばどれだけいっぱっても切れないようにしてやるわい!と策を練る。

まずは太めのテグスを採用。あまり太いとメモリースロットの邪魔になるのだが、邪魔にならないぎりぎりのものを採用する。

 

次にテグスを巻きつけるの部分をメモリー接点横の穴に変更。これなら下側から力が加わるので糸が切れるのを防げる。

 

で、完成したのがこれ。これなら上の結び目を直接手で引っ張り上げることが出来る。


われながら満足。今後トラブルが無くなることを祈るばかり。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

OSXでのメモリートラブルの謎

尾崎ナナさんがメモリーの取り付け@MacPeople

Mac Peopleが届く。今月号はメモリーの特集。マックメムでメモリーをお貸し出し協力をいたした号。

 

しかし、なぜかグラビアアイドルの尾崎ナナさんがメモリーの取り付けを行うというミスマッチな企画。ミスマッチゆえに萌えるという判断か。付録のCDにはムービーが入っているので、メモリー初心者にはありがたいのだが。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

Mac Proの8GBとイベントのキャンセルと角田光代

Mac Pro Mid 2010用の8GBが入荷&販売開始。予約のお客様に発送。

今年、東京の大学を卒業され、大学院に入る方々と話す機会があった。地震の影響で卒業旅行がキャンセル。卒業式がキャンセル。謝恩会がキャンセル。大学院の入学式がキャンセル。

地震で直接被害にあわれている方を思うと、またはそのようなイベントの時に余震があると大変、節電のため、等々色々なキャンセルの理由はわかるのだが、一生で一度しかないイベントが次々にキャンセルになるのは、純粋にかわいそうだなと思う(もちろん生きていられるだけ、学校に行けるだけで幸せであることは間違いないが)。

息子が春休み。本日はジョギングのかわりに息子とキャッチボール。

角田光代の「八日目の蝉」、「対岸の彼女」を続けて読む。こういう境遇に置かれた人はこう考えてこのように行動するはずだという、角田光代の思いにどきりとする。そしてじわじわとその感情が自分の内に広がって行く。共感であったり、感動であったり、時には悲しみであったり様々。でもそれこそが自分が小説に求めているものなのだとわかる。

マックメム店長 猪川紀夫

MacのメモリーテスターRember

タブがメモリースロットの上にあるすごーく稀な故障。

iMacのメモリーをご購入頂いたお客様から、メモリーが装着出来ないというメールが届く。作日のブログに書いたように、力加減の問題かとタカをくくっていたのだが、スロットにメモリーが全然はいっていかないらしい。お客様にメモリースロットの中をみてもらったところなんとタブがスロットの上にある!


スロットの上にタブが!

こちらが正常な状態

確かにこれではどやっても入らないはず。これは完全にアップルの製造ミスなので、アップルで修理してもらうことをお薦めする。ただ、アップルに問い合わせるとすでに1年の保証が切れているので有料修理になるということで、それでは申し訳けないので、うちで治せれば治してみるので本体を送ってもらうことにする。

 

で、本日本体が届く。とりあえず本体をばらす。で、スロットをチェックすると、なんとタブははがれているだけだったのだ。

 

タブ付きのメモリースロットは、スロットに付属している金属の板をひっぱることでメモリーが外れる仕組みになっている。そして、タブは通常その金属の板をぐるっと回って固定されていて、タブを引くことで金属の板がひっぱられ、メモリーが外れる。で、タブ同士はどうやって固定されているかというと、接着面のあるタブ同士を貼りあわせているのだった。つまりセロハンテープの内側どうしを貼り付けるのと同じ感覚である。

 

で、問題のタブは、タブ同士の貼りあわせが甘かったようで、はがれ、片側のタブが内部のスロットにかかってしまったというわけだ。タブを触るとべたべたする接着面があり、また手前のタブにも接着面があり、内部のタブを矢印の方向に向けてぐいぐい張り合わせるとしっかりと固定出来た。

通常使用していない部分の故障というのは、使うときにはじめて発覚するので、保証切れになっていることがよくある。購入した時にチェックをすれば良いというのは分かっていても、使わない機能をチェックするのは面倒くさいものなので、自分もほとんどやらない(苦)。なのでお客様を責めるわけにはいかない。それにしても簡単に治って良かった。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

OSXでのメモリートラブルの謎

メモリー増設時の力加減の説明と来たら、まったく。

お客様から「iMacのメモリーがスロットに入らない」というお問い合わせ。思い切り押しこむようにお願いするも、すでに思い切り押し込んでいるとの返事。再度、もっとぐいぐり押しこんでくださいとお願いすると、入りました!というお返事を頂く。

 

こんなに力がいるとは思いませんでした。」との返事だったのだが、ある人にとってはちょっとの力と感じることが、ある人には凄い力と感じたりする。メモリーの増設を説明する際に力のいれ具合についての説明は、全くもって難しい。

 

押しこむ時の力を簡単に計測できるツールが欲しいと切実に思う。または、根本的にメモリースロットの構造を変えて、デジカメのメモリーのように一度押すと入り、再度押すと出てくるというようなラッチタイプのものに変更は出来ないものだろうか。デジカメのメモリーと違って、マックのメモリーは出し入れするものではないので、簡単な作りにしてコストを抑えていることは理解できるのだが。

 

ちなみに、メモリーの押しこむ力がどうしてもうまく伝わらない場合は、既存のメモリーを一度取り外して、それから再度取り付けてもらうことで、だいたいの力加減を知ってもらうようにしている。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

 

MacのメモリーテスターRember

余震ぐらいで倒れてもらっては困る!iMacガムテープ仕様。

決して大きくないが、ここ横浜でも余震が続く。先日G5が机から真っ逆さまにおちて筐体が歪んだと書いたが、iMacも画面のフロントガラスの端のほうが割れていることに、本日気づく。G5が落ちる時にかなり揺れて、となりのiMacの画面に当たったのかもしれない。これにはちょっとショック。

余震で倒れないように液晶を倒した状態でメモリーの動作テストをしてみたが面倒。しょうがないので、美しくないがiMacの脚をガムテープでべたべたに貼る。これで倒れない。

本日宅配の集荷してもらう時にヤマトのドライバーさんと荷物の配達時間の遅延について雑談。地震の影響で現在荷物のお届けの日時指定が出来ないのだが、高速道路や一般道に規制があるとか道が混んでいるというようなロジスティックな問題なのではなく、関西方面からの個人の宅配利用が多く関東圏内でそれを仕分けしきれないのだとか。関東での食料不足のおり、関西の親戚や知人から米を送ってもらう、水を送ってもらう、電池を送ってもらうということが普通にあるらしい。

何十、何百という家族が1つの営業所で受け取るということは、それが集めまってくるベースセンターは何千、何万という数になり、オーバーキャパシティーで仕分けが間に合わない。受け取る荷物の仕分けに手一杯だと、必然的には発送の仕分けも遅れ気味になり、関東からの荷物のお届けが遅れることがある。節電も大切ですけど、宅配も多少控えてくれると助かるんですけどねー、とドライバーさんの弁。

マックメム店長 猪川紀夫

 

 

プロジェクトN

こんな時にPogoplugが届く。

こんな時にPogoplugが届く。スタバ齋藤のレビューはこちら

売り切れだったので、先月ヨドバシで予約だけしておいて、完全に忘れていた。同じ時期に東北で予約をしていた方が、このPogoplugが今届いたら複雑な心境だろう。

 

佐川急便が東北への配達を再開したようなので、届けようと思えば届けられるはず。さて、ヨドバシ届けるのだろうか。届けない、契約なので義務として届ける、それとも楽しみにまっていると信じて届けるか。

 

さて、Pogoplugは自分でクラウドを作るデバイス。iPhoneやMacBook Airには大きなデータを入れられないが、出先でデータが必要になった時に無いと困る。そのような状況下で使えるのではないかと思って購入。設定はこれから。

 

齋藤氏も書いていたように、クラウドに大きなデータをアップロードに時間がかかるのと、容量に制限があるのが難。このPogoplugを使用すれば1TBだって自分用のクラウドとして使用できる(はず)。実際はMacBook Pro等から取り外した120GB程度のUSBディスクを使用する予定。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

 

MacのメモリーテスターRember

大間抜けな理由で光モバイルの予備の電池を買うことに。

光モバイルの予備の電池を買った。計画電源に備えて、と書きたいところだが、実は大間抜けな理由で電池が故障したと勘違いしたために購入となった。それに気づいて注文をキャンセルしよとしたが、予備があっても良いかなとキャンセルをしなかった。

大間抜けな理由とは電源ボタンを押しているつもりで、となりのAOSSボタンを押していた。ボタンを押しても、うんともすんとも言わない(当たり前)。ここ数週間使用していなかったので、てっきり電池 が逝ってしまったと決めつけてしまったこと、電源ボタンはこの位置と思い込んでいたこと、が敗因。あー情けない。

購入したのはロワジャパン社製の電池 2個セット充電器。Amazonにて。2830円。正規品が1万円程度するので、評価も悪くないし、ダメもとで購入。現状問題なく使用できている。

マックメム店長 猪川紀夫

MacのメモリーテスターRember

横浜市大倉山駅前の店舗の計画停電の対応

昨日実際には実施されなかったが、横浜市大倉山駅前の店舗の計画停電への対応が興味深かったので一覧にしてみた。

東急東横線大倉山駅

パチンコ店GAIA

スターバックス

すし三崎丸

Ash(パーマ店)

ミスタードーナツ

らあめん花月

さぼてん(とんかつ屋)

ツタヤ

それにしても行き交う人がほとんど食料やトイレットペーパーを持っているのだが、こんなに必要か?と思ったりもする。不足すると欲しくなるのが人の常というもの。避難されている被災者の方々の気持ちがわかるように1日ぐらいおにぎり1つとか2つで過ごしてみても良いのではないかと思ったりもする。

マックメム店長 猪川紀夫

 

 

アップルのメモリーの残念なところ

横浜市大倉山の地震の状況

本日計画停電が予定されているので、停電になる前に出来る限りのことを準備しておく。オフィスのルーター等は使用できなくなり、ネットのダウンが予想されるので、すでにご注文頂いているお客様分の、納品書を発行し、出荷伝票を発行し、箱詰め。(電気が来ないと伝票も出せない。)またご連絡のメールを送る。

 

ホームページでマックメムの計画停電のためメールでのご連絡が遅れることの報告をアップ。

 

停電中はiPhoneはつながるのだろうか?基地局の電源は切られないのか?不明。またemobileもあるが、これも同様につながるのだろうか?停電になればはっきりする。

 

で、現在11時だがまだ計画停電になっていないので、このブログを更新中。(昨晩は第二グループだったのが、第三グループに急遽変更になったことを知る。)

 

金曜日の午後に地震が発生。マックメムのオフィスは横浜の大倉山にあるため大きな被害はなかった。唯一、メモリーのテスト用G5が机から真っ逆さまに落ちて、上部がゆがんだだけだった。メモリーの動作テスト中の落下だったが、起動出来てほっとする。この建物は新築の鉄筋コンクリートでさほど大きなゆれにはならなかった。発送を行う作業場の出荷用のダンボールがラックの上に積んであったりしたが落ちるようなことも無かった。

停電もガスも水道も止まるようなことも無く、近所で火災も土砂崩れ(文字通り大倉山には山があるので)も無く助かった。ネットも問題なく生きている。ただ、安全のため電車がストップしたため、大倉山駅前には復旧を待つ100名程度の人が立ち尽くしていた。駅前のスタバや日高屋等多くの飲食店で、お客様の安全のために閉店。ただミスドと松屋は営業を継続していたので、かなりの混雑が外からでも伺えた。

 

午後6時以降、帰宅の人で駅前は賑わうのだが、電車が止まっているため帰宅者が0。そのため商店街に活気がなくかなりさびれた感じがする。

 

翌日、土曜日は通常通り営業。ただ、余震があると家族のことも心配なので、夜は出荷直後に帰宅。

 

その後、テレビ等で被害の大きさが発表になっていく。マックメムのお客様のデータベースをチェックしたところ、宮城県に住んでいらっしゃる方様が1000名弱いらしゃった。どれだけの方が被災されたのかわからない。ただただ、祈るだけ。

 

こういう時クリスチャンは祈る。祈りには力があると信じている。経済的な支援は惜しまないが、現状物質的は支援には現状限界があるし、自分で届けることが出来ない。でも、祈り届くと信じている。安心感であったり、慰めであったり、励ましであったり、希望であったり。弱さの中にあってこそ、希望がより鮮明になることもあると信じている。

 

幸い食料も水も自宅に十分にあったが、日曜日に近所の比較的大きなイオンに。食材、生鮮食料品、カップラーメン、お米、トイレットペーパーはきれいさっぱり売り切れ。残っていたのは、チーズ、ヨーグルト、ジャム、アイクスクリーム、一部の和菓子。

本日月曜日、営業開始。大倉山駅前のマルエツは入場制限をしているとか。また近所のヨークマートは午前中に店じまい。ただ、ファミマにはお弁当類が入荷していて、幸い食料に困るという感じではない。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

 

深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。