スポンサーリンク

《Knowledge Navigator》Appleが1987年に目指したものが現在のテクノロジーでほぼ実現している

knowledge navigator

Knowledge Navigator

この動画はAppleが1987年に発表したものです。今から32年前のことです。これはあくまでコンセプトですが、将来をかなり見据えているなと感じます。

1987年というと平成の2年前。Macが誕生してわずか3年後のこと。まだ日本でインターネットが実験的に始まったばかりでした。

自分がこの動画を見たのは2000年ぐらいになってからだと思います。ただそのときでさえも、内容はほとんどSFの世界でした。

この動画で表現されていることは...

  1. タブレット端末
  2. 音声認識と音声によるナビゲーション
  3. 情報検索
  4. ビデオ電話
  5. スケジューリング

この5つについてほぼ実現しました。強いて言えばSiriがもうちょっと賢くなってくれれば完璧だと思います。ただ、これも数年すればAI技術によって解決しちゃいそうですね。
 

NewtonというPDA

Appleはこのコンセプトを実現するために、iPadよりはるか前にNewtonというデバイスを開発しました。

newton

当時はPDAというカテゴリーがありました。パームパイロット、シャープザウルス、ソニーCLIEなどが有名でした。

palmpilot
sony Clie
ザウルス

手描き文字を認識するものの、非力だったのでした。ナビゲーターというよりも、電子手帳という感じでした。

その後、iPhoneが出て、さらにiPadが出てやってコンセプトのようなことが実現出来ました。アップルはこのコンセプト動画の実現を目指して、ハードウエアやOSを開発してきたのかもしれません。

すごい時代だなと思います。

 
 
 

タイトルとURLをコピーしました