ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第30回 かわいすぎる子にも旅させよ

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。Disney社とPixar社の提携解消の話です。最近のディズニーの長編アニメーション作品の状況は、まさにこのピクサー作品によって支えられていると言っても過言ではありません。「The Incredibles」「Cars」を最後にDisney社での配給を終了となります。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:猫の恩返しを見る 名前の持つ力と絵

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。本日はジブリのアニメ猫の恩返しに出てくる植物の話です。ハルが猫のムタに導かれて「猫の事務所」に向かうところの1場面です。そこにヤツデが描かれているのですが、それに違和感がありました。よく観てみると...
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第29回 感動を売る会社

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。値引きとディズニーのサービスの根幹の話です。「お客様には平等にサービスを行う」。正規の時間帯で正規の料金で入れるチケットは絶対に割り引きしないとがポリシーです。自分たちの仕事は『感動を売っている商売だ』と断言しています。感動を値切る人なんていないのです。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:サクランボからキイチゴへ サクランボをコピペして作るイチゴの進化

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回は進化シリーズ第3段です。イチゴの場合はこのように花床(ここが食べておいしい部分となります)の上にたくさんのサクランボ型果実が付いているような構造をしています。実はイチゴのつぶつぶが果実なのですが、気づきにくいのです。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第28回 タイトル、やりたい邦題?

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。トンデモ邦題についての話です。エナビスタジャパンはトンデモ邦題をつける傾向があります。「Sweethome Alabama」が「メラニーは行く!」「The Princess Diaries」が、監督の過去作品が有名という理由で「プリティ・プリンセス」でした。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第27回 赤いマジック・キングダムの謎!?

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。6月にマジック・キングダムへ移動した時にウォルトの育ったマーセーリンの町並みを再現しているロータリーが真っ赤でした。その日は同性愛に理解を示す家族が一同に集まって楽しむ日だったのです。こういったイベントにも積極的に参加しているディズニーの精神にちょっと感心しました。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:あけましておめでとうございます フウセンカズラの種子とサル

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はフウセンカズラのお話です。フウセンカズラの英語名はバルーンベイン。どちらも風船とツルという意味です。小さな白い花が咲くそうなので庭に埋めてみようと思います。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第26回 あなたの「ディズニー映画」の定義は?

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。ディズニー映画ってどんなイメージでしょうか。魔法とか冒険とか?お姫様とか王子様とか?それに、子供に見せても全く害がなく、それでいて大人も楽しめる、そんな映画の総称かなと思います。自分がメリー・ポピンズを観た時に感じた「Wonder」の再現は可能なのでしょうか。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:「サクランボ」を増やして「サヤエンドウ」を作る話 そして、キウイフルーツを組み立てるまで

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。以前のサクランボの進化に続いて今回はサヤエンドウとキウイについてのお話です。サクランボは1つの果実に1つの種子でしたが、それが増えていった形がサヤエンドウになります。そしてそのサヤエンドウがくっつく形で進化したのがキウイといことになります。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第25回 来年のディズニーは?

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。映画ではピクサーから「Mr.インクレディブル」が登場とのこと。ディズニーからは「ブラザー・ベア」と実写の「ホーンテッド・マンション」。テーマパークでは東京ディズニーランド「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」。タワー・オブ・テラー」が2006年に登場予定です。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:乱舞するハトがついばむもの ハトが教えてくれたケヤキの親心

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はハトが食べている実についての話です。大学の校内でハトがたくさん集まっているところがあるのを発見しました。何かをついばんでいるのですが、何かわからなかったのでハトにどいてもらって確認したそうです。するとケヤキの果実だということがわかりました。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第24回 ディズニーを殺すのは誰か?

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。今回はディズニー社の内紛についてのお話です。創業者ウォルト・ディズニーの甥で副会長ロイ・E・ディズニーが辞めることに。現会長のマイケル・アイズナー氏で派閥抗争のようです。過去の資産を大切にする保守のロイ派と革新を進めるアイズナー派で分裂しているようです。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第23回 ビジョナリーのいる会社、いなくなった会社

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。ピクサーとジョン・ラセター氏についてのお話です。ピクサーは3DCGを利用しつつ、その技術を感じさせないほどのストーリーテリングの能力が素晴らしく、「モンスターズ・インク」ピート・ドクター監督「ファインディング・ニモ」アンドリュー・スタントン監督などが育っています。
Mac

遠藤のモバイルガーデン:アップルストア銀座フォトレポート Say hello to Ginza

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回遠藤先生は開店初日にアップルストア銀座を訪れたそうです。そこで先着で開店祝いをもらってきたそうです。開店祝いというのが。。。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第22回 ハッピー・ホリデー

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。今回は日本と米国のホリデーについてのお話です。クリスマスを題材にしたディズニー関連作品としては「わんわん物語」「トイ・ストーリー」「ミッキーのクリスマス・キャロル」などが挙げられます。そして「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」。次のクリスマスはハロウィンタウンが主催する!
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:果実の進化 葉から果実へ サクランボの場合

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はサクランボのお話です。花がどうやって果実になるのかを見てみたいと思います。サクランボの若い時を見てみると心皮の両端(葉の両端)に種子が付いています。その後種子は葉の内側に入ります。そのあと、心皮が発達してサクランボになるわけです。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第21回 ハッピー・アニバーサリー

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。ディズニー関係の記念日でもっとも大きなイベントはミッキーの誕生日11月18日だとか。1928年11月18日に公開された「蒸気船ウィリー」で登場し、その後120作品に出演、75年たった今も大活躍しています。ディズニーのキャラクターの誕生日は短編映画の公開日となります。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第20回 アニメーションはCGに置き換えられるか

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。ディズニーの手描きアニメとCGの扱いについて語っています。ファインディング・ニモのイソギンチャクはピクサーが数式で導き出したものだとか。コストの問題から今後3DCG化の波は間違いなく進むと思います。ただ、ディズニー以外のスタジオが出てくる良いチャンスかもしれません。
植物の話

遠藤のモバイルガーデン:XJack-Maniac PCカードという箱庭

植物学者遠藤先生による、ほっこりする、やさしい植物解説ブログです。今回はPCカードのXjackシステムのお話です。遠藤先生は色々なPCカードを持っているそうですが、その中でXjackシステムのものが大変お気に入りだとか。モデムカード、LANカード、Bluetoothカード等々あります。
ディズニー

kyokucho/宮田健の気分はブルースカイ:第19回 日本版ディズニーチャンネルスタートに思う

kyokucho/宮田健さんのディズニー系コラムです。日本ではじまる「ディズニーチャンネル」について語っています。午前中はプレスクールの子供向けのコンテンツ、プライムタイムでは怪傑ゾロやデビー・クロケットなど大人向けの映画などを放映するようです。しかし米国と違いニーズがあるでしょうか。NHK教育との勝負です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました