Macな心理学

Air Pods Pro

【本当に高評価?負け惜しみじゃね?】AirPods Proを購入した人と購入できない人の負け惜しみ合戦

ツイッター上にAirPods Proを早速購入した人達から続々と高評価のツイートが上がっています。ただ、こういう高価な製品のレビューは額面どおりでない可能性があります。購入した人が「価格の割に自分の望むような音質ではない」と感じた時に、そのもやもや感を解消するために過剰に高評価をして自分に言い聞かせることがあります。
Macな心理学

ベイスターズ筒香の契約更改は一番最後・年俸が低い若手から契約する理由

プロ野球の選手達の年俸交渉は年俸の低い選手から始まります。選手は昨年の自分の成績と比較をして上か下か考えます。そして他の選手と比較することで自分の年俸額を考えます。この時に安い年俸の契約を知ると自分も低くなると考える傾向があります。これをアンカリング効果と言って、オーナー側はその効果で年俸を抑えようとしています。
Air Pods Pro

【価格27,800円の秘密】AirPods Proは高額なのがミソ。これでAirPodsのほうが売れ出す。

ノイズキャンセリング機能搭載のAirPods Proが発売となりました。価格が27,800円と高額です。この価格には3つの意味があります。1つはBOSEよりも良い音響機器メーカーとなるため。次にノイズキャンセリング機能が欲しい人なら高くても購入するため。そして最後に既存のAirPodsのセールスを伸ばすためです。
Mac

Macは機種が少なくてかわいそう?PCは機種が多すぎて何を買うべきか悩む

PCの購入する場合、選択肢が無数にあるので自分のニーズにあったPCがありそうですが、逆に選択肢がありすぎて決めることがなかなか難しいです。人は選択肢が多すぎてしまうと、決定を先送りする性質があることがわかっています。よってPCの選択は考える以上に大変です。一方Macの選択肢は限られているゆえにすぐに決まります。
Macな心理学

《米国人教授が大相撲星の貸借りを暴露!》「ヤバい経済学」千秋楽のデータ分析で八百長が発覚か?

ヤバい経済学は自分の好きな本の1つです。著者のシカゴ大の教授は、研究対象がすごく俗っぽくて、ドラッグディーラー、KKK、犯罪者、売春婦などなどを統計データをもとに彼らの経済活動を説明しています。その中で大相撲千秋楽の八百長問題が取り上げています。7勝7敗の力士の勝率が以上に高く、星の貸し借りを示唆しています。
Macな心理学

《昔の宿泊予約は今よりも楽!?》ネットがない時代、時刻表と電話帳が必須だった

今の若い人達にはネットの無かった時代を想像することが出来ません。自分のようなおっさん世代をネットの無かった時代の大変さ体験してきました。今はネットのおかげで便利になりました。でも便利だからと言って楽になったとは限りません。ネット時代はネット時代の大変さがあります。何が大変かというと...
iPad

消費増税前の駆け込み需要ってすげ!ビックカメラの売上発表で知る人の購買心理。

ビックカメラの決算を見て増税前の駆け込み需要の大きさに驚きました。世間を賑わせたPayPayの100億円還元キャンペーンの3倍もの売上の伸び率でした。これはどうしてでしょう。実は得ることよりも失うことを過剰に評価します。つまり人は100億円をもらえる機会よりも、2%余計にとられるほうが嫌だと判断するわけです。
Macな心理学

《ラグビーワールドカップ》試合は録画でなく生中継で見ると幸福感が増す不思議

昨日の日本vs南アフリカの試合が高視聴率でした。なぜ人は生中継で試合を観るのでしょうか。「一緒になって日本代表を応援したいから」という思いはよく考えたら不思議です。だって応援してもしなくて試合の結果はかわらないのですから。しかし人は試合を観ることで試合をコントロールしている錯覚におちいるわけなんです。その結果...
Macな心理学

現代日本におけるトロッコ問題の回答は”立ち去ること”というコメントが的を射ているけれど、空恐ろしい。

小学校で先生がトロッコ問題を生徒に考えさせようとしたところ、死を扱う問題ゆえに生徒が不安になるというクレームがあり、先生が謝罪したという話がありました。それが現在日本におけるトロッコ問題の回答だと御田寺圭氏コラムに書かれていました。つまり、何もせずに5人に見殺しにすることが責任を問われることがない方法だというわけです。
Macな心理学

《集合知》スポーツ紙は横浜DeNAベイスターズのドラフト1位指名の意外性に驚いているが、ファンはすでに知っていた!?

スポーツ紙はドラフト1位指名の意外性に驚いているようですが、ファンにベイスターズのドラフト1位指名選手を前もって予想してもらったところ来場者全体の25%が、桐蔭学園の森内野手と回答しており、その通りになりました。このような現象を集合知と呼んで良いでしょう。集合知は果たして本当なのか?それとも疑似科学なのか?
Macな心理学

《シュリンクフレーション・ステルス値上げ》ファミリーパックを見たら要注意!消費者を騙す必殺技がファミリーパック!

コンビニ弁当を買ったら上げ底にびっくりしました。これをシュリンクフレーションとかステルス値上げと言うそうです。ステルス値上げにはメリットがあります。決まった予算の消費者は価格を上げると買えなくなりますが、価格据え置きであれば、量が減ったとしても購入することが出来ます。米国にはステルス値上げ専門のアドバイザーがいるとか。
Macな心理学

小学生に人が死ぬトロッコ問題が過激なら、ガンプラを使えばいいんじゃない?

小学校の授業にトロッコ問題を取り上げたところ、子供が不安を覚えたと親からクレームが来たとのこと。確かに死を扱う心理実験なので小学生には早いかもしれません。すごく良いテーマなんですけどね。だったら、人の死のかわりに、子どもたちが大切にしている何か、例えばガンプラで代用できないか問題を作ってみました。
Macな心理学

《500円貯金に憧れる》努力を継続できることは才能か?

Youtubeのヒットコンテンツに500円貯金というものがあります。こつこつと数年間500円玉を貯金をした貯金箱を開ける動画です。努力を継続することは難しいので、それが出来る人に憧れていることを示すような動画です。羽生棋士もイチロー選手も努力を続けて成功しました。果たして努力を継続する能力は才能なのでしょうか?
Macな心理学

《悲報》アマゾンのセールが大の苦手。理由は目移りして決められないから。ジャムの実験通りの典型的なタイプ。

アマゾンプライム会員向けに年に一度のプライムデーなるセールをしています。自分はこの手のセールがすごくに苦手です。いろいろなものが特売されていて、どれも魅力的に見えます。そのため何を買ったらベストなのか、いろいろと考えに考えて、その挙げ句に何を買ったらいいのか決断できないのです。こういうことが起きる理由というのは...
Mac

Macの下取り価格が低すぎ!それはMacが自分の相棒だからこそ

Macを新しく購入する歳にアップルが古いMacを下取りをしてくれる制度があります。ただ、下取りの価格が自分の期待した金額よりもかなり低いと感じることはありませんか?「自分のMacがそんなに安いわけないだろう!」と憤りさえ感じることがあります。そこには”自分のMacは苦楽を共にした特別な相棒”だという思いが働いています。
iPhone

Appleの松竹梅マーケティングに隠された驚きの秘密!極端回避性の法則

最近アップルは1つの機種に3つのモデルを用意することが増えました。2モデルだとハイエンドとローエンドの売上が半々(またはローエンドが多目の傾向)になることが予想されます。利益率からするとアップルはハイエンドモデルを売りたいでしょうから、ダミー的に超ハイエンドモデルを用意するとハイエンドモデルが売れるようになります。
Macな心理学

東北の人々は世界で一番優しい人達に違いない。2013年3月11日の記事の再掲載

マックメム店長猪川が東日本大震災から2年後のクリスマスプレゼントについて話します。人生で一度もクリスマスプレゼントを受け取ったことが無い子供たちにクリスマスプレゼントを届ける”オペレーションクリスマスチャイルド”に参加したが、東北での被災者の方の参加が一番多かった。悲しみを受けた人ほど優しくなれるのだと感じた出来事。
スティーブ・ジョブズ

ジョブスの給与が1ドルだった本当の理由!アップルの復活劇を演出するため

マックメム店長猪川がスティーブ・ジョブスの給与が1ドルだった理由を話します。有名な2匹の猿の実験。一方にきゅうりを与え、一方にぶどうを与える。ぶどうをもらえない猿は起こってきゅうりを投げつける。これは人も同じで不公平な扱いは怒りを覚えてしまうということ。アップルの社員の士気を上げるためにジョブスはあえて給与を低く抑..
Macな心理学

iTunesカードを無くしても、あなたはアプリを購入出来る?セイラー教授の心の会計

マックメム店長猪川が心の会計について話します。人は自分で意識をしていなくても、心の中で勝手に予算を組んでいます。何かを購入する場合、その予算を超えないように自分を制限します。例えばiTunesカードを紛失してしまった場合、アプリの購入を自制しますが、同額の現金を紛失してしまった場合ではアプリの購入を自制しない傾向があ
Mac

バリバリのMacユーザーの自分が、ちょっとだけPCユーザーをうらやましいと思うところ。

マックメム店長猪川のPCユーザーが羨ましい話。昔のMacはユーザーが積極的に手を加えないとうまく使えなかった。手を加えると愛着が増すのだが、この現象をイケア効果と呼ぶ。最近のMacは手を加えなくてもしっかりと動作するので、イケア効果が現れず愛着があまり感じられない。これはちょっと淋しい。PCユーザーはいつもイケア効果を
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました