5時半からは会社中でシューティングゲーム大会

ふとNewer Technologyのことを思い出したので書いてみる。

Newerは朝は8時半から夕方5時半が就業時間。途中昼休みが1時間あるので8時間労働となる。特にタイムカードがあったわけではないので、8時半頃に来て、5時半頃に帰るというのが一般的。田舎だったから時間についても結構のんびりしていたようにも思うが、小さい会社だったからもしれないし、米国人だったからそうだったのかもしれない。

で、残業などほとんどなし。マネージャーでも仕事をしている人はごくまれで社長とか副社長ぐらいのものだった。アップルなんかで1日15時間働くなんていう話を聞くと、本当に米国の会社?なんて思う。そんなに働いたら配偶者や家族から非難轟々だと思う。米国人は就業後や週末の時間は自分だけのものではないと考えている。就業時間後に奥さんがオフィスに来て、旦那を連れて買い物に行くとか食事に行くということもよくあった。一緒に子供などもやってきて、オフィスを駆け回っていたりしていて、もう仕事になりませんw.

誰が調整していたのか知らないが、Newerでは定期的に、就業後5時半になるとインターカム(内線電話)に一斉放送が入って、さー今からマラソンやるぞ〜!と声がかかる。このマラソンというは走るマラソンではなく、ネットワーク型のシューティングゲームのマラソンのことだ。

マーケティング部門のゲーマーが旗をふり、エンジニアやらセールスやらが合流し、皆ゲームでの打ち合いが始まる。もちろん自分のオフィスのブースにあるMacで社内LANにアクセスしてゲームをするのだが、1990年代後期社内LANが完備されているなんてなかなか立派で、それをゲームに使えるなんて、なんと先進的だったことか。Apple Talkって偉大だと思う。
で、ゲームはというと、特にチームプレーではなく、迷路のようなエリアに全員が参加して、隠れたり、逃げたり、追っかけたりして、誰かが誰かを撃つという単純なゲーム。バーチャルな鬼ごっこのようなものだ。

「あーやられた〜」「あまい、あまい」「お前、汚いぞ〜」とか喧々諤々、社内のインターカムから嬉々とした声が響き渡る。そんなことを30分ぐらいやるとみな疲れたり飽きたりして、ひとり抜け、またひとり抜けして、自然にゲームオーバーとなるのだった。

米国の会社って本当にとんでもないところだわ、と自分も仲間に加わわっていながら勝手なことを思っていたわけなのだ。

ちなみに、知らないMacユーザーも多いかもしれないので説明しますが、マラソンって ↓ こんなゲームです。




マックメム店長 猪川紀夫
アップルのメモリーの残念なところ