伊藤計劃の世界観にもうメロメロ。

ずーっと昔、Appleが描いた未来にぞくぞくしたのだが、現在は伊藤計劃という作家の世界観にもうメロメロ。

 

彼は作品中で近未来を提示しているのだが、現代に住んでいる自分が全くの情報弱者であるかのように打ちのめしてくれるところが凄い。

 

”ハーモニー”という作品の中の主人公の女の子とその友達の女の子との会話だが、

 

「昔はね、ドアの外に誰がいるか知る方法がほとんどなかったんだ。ちっちゃなレンズか小窓をつけるのがせいぜい。今みたいに家の住人にフィンガープレートで個人情報を開示する方法がなかったんだよ。そもそも五十年前には、個人情報を常に開示するという習慣そのものがなかったんだから。いまは来訪者がドアのプレートに触れれば拡現(オーグ)なりそこらへんの壁に表示するなりで、どこのどんな人間が来たかはすぐにわかるけど、昔はそうするための仕組みも習慣もなかった。だからドアをゴンゴンと叩いたの...(中略)そ、自分が来たことを家の住人に知らせなきゃならなかったのよ。ノック、っていう言葉、知ってる?扉をゴンゴン叩くこと。家の中の人はそのゴンゴンを聴いて、誰ですか、って大声で外の人間に叫んで、外にいるほうもいるほうで、自分は何処何処の誰です、って大声を出さなきゃならなかった。」

 

それから名刺についての会話では

 

「そもそも個人情報を表示しておく習慣も手段もなかったんだよ。いまは拡現(オーグ)があるからみんなに自分のことを常に知らせておくことが出来るけど、昔は物理的な制約があったんだ。」「でも個人情報を表示しておかないとみんなに白い目で見られるよ。なにか素性の知らない人だらけで、みんな気持ち悪くなかったのかな。考えられないな。」「昔は個人情報はむしろ人に知らせないものだったんだよ。公共の場所で隣に誰が座っているかなんて気にしなかったんだ。名刺っていうのは、そんな社会で限定された個人情報を誰かに知らせなきゃいけないときに、手渡しという手段に限定することで、無差別に情報が拡散するのを防いでいたんだ」(中略)「わたしは拡現で人の頭の右上に飛び出してくるプロフなんかよりもこっちのほうがかわいくて品があると思うの。」

 

自分の理解が正しいければ、伊藤計劃の描く未来には、ゴーグルのようなディスプレーはなく、特殊な目薬を点眼することで薬品が網膜の神経に刺激を与えて、常にあらゆる情報を裸眼で見ることが出来る世界を提示している。ちょうどターミネーターが見ているような視界を人が得ている。その世界では相手の個人情報はセカイカメラのように拡張現実でポップアップして見えるというわけ。もちろん設定によってこのポップアップをオフにすることも出来るらしい。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

プロジェクトN

メールとギャンブルの共通点。

最近の学生は帰る時のあいさつが「おつかれー」。これも若者言葉?おっさんサラリーマンのようで、自分にはやや違和感。自分乙で、おつかれという意味だというのも最近知る。

 

地下鉄でiPad2を使用している結構おしゃれないビジネスマンを発見。(たぶん会社から支給されている)携帯片手にiPadを真剣に覗き込んでいる。何かのデータを探している雰囲気。さりげなく、近づいて後方から覗いてみると、麻雀ゲーム(苦)。

 

道の真ん中をとろとろと自転車に乗りながら、携帯メールを見ている女子多し。こちらも自転車に乗っているが、危なくて後ろから抜くに抜けず。何がそんなに急ぎなのかと不思議。

 

で、メール中毒になる理屈はギャンブルにはまるのと同じ理由だという説を思い出した。パチンコはほとんど出ないが時々大当たりが出るのでその高揚感が忘れられず、大当たりが出るまで一生懸命やってしまう。メールも同様で、大多数のつまらないメールの中に、時々自分がうれしいと感じるメールが来るので、それが来るまで何度も何度もチェックしてしまうらしい。自分も結構iPhoneのメール無意識にチェックしてしまう。メール中毒予備軍。

 

ふと読んだ、伊藤計劃ってすごい。「虐殺器官」を丁度半分ぐらいまで読んだのだが、最初のページからいきなり独特の伊藤計劃ワールドに引きこまれてしまう。本当に彼は日本人?文体とか話の展開とかが無茶苦茶洋書っぽい。設定や出てくる小道具もクール。後半が楽しみ。

マックメム店長 猪川紀夫


プロジェクトN

心とは何?意思はどのように決定されている?

500mlのペプシネクストについて来たシャア専用ザク。何かのプロモーションらしい。

 

 

2日連続でお騒がせ中の100MBを超えるデータの扱い。なんとSPSSという統計ソフトのOSX版もあった。2週間のトライアルが可能ということでダウンロード。データのクリーニングならこれで十分。

 

「ダンゴムシに心はあるのかー新しい心の科学」 [著]森山徹を福岡伸一氏が解説している。ちょっと読んでみたい。が在庫切れで2週間待だとか。

 

ダンゴムシの突飛(とっぴ)な行動こそが心の存在を示す証拠だと著者はいう。なぜなら彼によれば、心とは、行為を引き起こす仕組みではなく、むしろ不必要な行為を抑制する「隠れた活動部位」だから。というあたりが壺か。

 

イグノーベル賞を取った中垣 俊之先生の粘菌の研究でも、単細胞の粘菌が迷路を抜けたり、時間を予想したり、まるで知性を持っているような行動が不思議。また、臓器移植で性格や趣味が変わったというような話を聞いたことがある。人は頭脳ですべて決定しているように思っているが、実は全く別の部位が意思決定に大きな影響を与えることがあるのかもしれない。堪忍袋みたいなものが実際に存在していたりして。何か思考している時にMRIで体の部位などを測定している先生っているのだろうか。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

MacのメモリーテスターRember

「みんなの意見は案外正しい」に暴言を吐く若者も含まれる。

いやー、学部生20歳前の若者4人の会話に驚いた。「XXX(芸能人)ってゴミだな。」「XXX(司会者)の言っていることが8割ぐらいわからん。字幕だしたほうがいいんじゃね?」「あいつ訴えられたら死ぬな」話していることはテレビ番組についてで、とるに足らない内容。そこにいちいち文句を言っている、この若者たちは何者だ。(と、それに文句を言っている自分も大した差はないのか。)こういうのは某掲示板での匿名の投稿だけの話かと思っていたら、実際のなまの人同士(特に優秀と言われれる部類の理系男子)の会話でもあるのだとびっくりした次第。

 

みんなの意見は案外正しい」を読み始める。集合知の本。

 

イギリスの人類学者で統計学者でもあったフランシス・ゴールトンの話から始まる。彼は彼のいとこのチャールズ・ダーウィンの『種の起源』に影響を受け、人の才能は遺伝で決定すると信じ、人為選択を適用すればより良い社会ができると信じていた。

 

ある時彼が畜産の見本市に出向き、そこで雄牛の体重を当てるコンテストを実施した。参加者は800人で、その中には専門家も全くの素人も様々な人々が含まれていた。集団とは「少しの優秀な者と、それよりちょっと多い凡庸な人と、多数の愚民によるもの」と彼は考えていたので、このコンテストの予想の平均値は実際の雄牛の体重とかなりかけ離れるだろうと予想していた。ところが予想の平均値と実際の重さは1kgもズレていなかったことが判明する。「みんなの意見」はほぼ正しかった、というイントロを読んで引き込まれる。

 

そして1章途中にも面白い話。スペースシャトル・チャレンジャー号が爆発した時に関係会社全ての株価が瞬時に暴落した。その中でモートン・サイオコール社の株価の下落幅が一番大きかった。事故当日にサイオコール社が原因であるという発表は全くなかった。またいくつかのうわさはあったもののサイオコール社の責任をうかがわせるものもなかった。それどころか「事故の原因を特定する手がかりはない」とニューヨーク・タイムズは報道している。しかしモートン・サイオコール社の株価が市場では突出して下落した。市場はサイオコール社の責任だと判断したようだった。そして6ヶ月後調査委員会は初めて原因はモートン・サイオコール社が製造したOリングの問題であることを発表した。

 

偶然?それとも人々は知っていた?疑似科学っぽいところが楽しい。ということで、読書継続。

 

マックメム店長 猪川紀夫

OSXでのメモリートラブルの謎

電源が勝手に落ちるのは致し方ないか。BJによろしくと節電対策。

昨日の内容で、内蔵HDがうまく読み込めない場合、自動で電源が落ちる仕様についてちょっと起こってみたけれど、Macがずっと動いたままで強制終了の仕方を知らないお客様にとっては電源が落ちてくれたほうが気持ちは楽なのかもしれない、とふと思った。ただ、何どもリトライするとはおもうけれど。

 

今頃になって「ブラックジャックによろしく」を読んでみて、涙する。TV版もDVDを借りてみたけれど、当たり障りがないエピソードを妻夫木の爽やかさで感動ものにしているが、原作では日本の病院のシステムやら、厚生省やらに対する怒りを、どこにぶつければ良いのだというような登場人物の葛藤に心が揺さぶられる。

 

節電がらみの話。iMac/20インチの通常消費電力約40〜50W。省エネモードでハードディスクを停めた状態で約30W。そのため、こまめにシャットダウンすることにしていた。シャットダウン時でも1W程度消費している。

 

それで、スリープ時の消費電力を計測してみると、なんとわずか2W。これなら起動に40Wを2分使うよりもスリープにしておいて起こしてあげたほうがお得か?ちなみに電気代は約40〜50W/時で1円なので、iMac1台1時間1円という計算。計測はワットチェッカー。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

OSXでのメモリートラブルの謎

アマゾンの中古本が自炊用だったのにびっくり。

新しいiMacが本日登場。

新iMac:4つの新機能

1.アッドコアCPU(Sandy Bridge世代)の採用
2.グラフィックス機能の強化
3.Thunderboltインタフェースの搭載
4.FaceTime HDカメラの内蔵
のようです。
+D PC USER

 

iMacと言えば、先週、単身赴任をしている知人と話したところ、単身先で自宅のiMacとiChatをしているとか。それで、iMacはキーボードやマウスがワイヤレスなのを売りにしているが、何らかの理由で接続が切れてしまうと妻や子供だけでは復活出来ないことがあって困るとのこと。すごくわかる気がする。絶対に切れないワイヤレスはありえないので、やはり便利なようにタッチスクリーンにしてはいかがでしょ、>アップル様。

 

ウィリアム・パウンドストーン著「プライスレス」の中古本をアマゾンで購入。本の形態について全く無頓着に、読めれば良いと思って一番安い価格のものを購入。確か1000円ほど。で、届いた本がばらばらに裁断されていたことにびっくり。誰かがスキャンした中古本ということになる。自分も自炊をするのでかまわないが、そういう時代か?

日本で八百長問題が発覚するずっと前に米国で八百長問題を統計的に説明した名著「ヤバイ経済学」的な本。で、パラパラと読んでみると私のような行動経済学の素人にも面白く読める感じ。ヤバイ経済学は自分で危険なリサーチを足で稼いでいるのに対して、こちらは面白い事例の紹介集という感じ。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

尾崎ナナさんがメモリーの取り付け@MacPeople

Mac Peopleが届く。今月号はメモリーの特集。マックメムでメモリーをお貸し出し協力をいたした号。

 

しかし、なぜかグラビアアイドルの尾崎ナナさんがメモリーの取り付けを行うというミスマッチな企画。ミスマッチゆえに萌えるという判断か。付録のCDにはムービーが入っているので、メモリー初心者にはありがたいのだが。

 

マックメム店長 猪川紀夫

 

深夜のコンビニでメモリーを受け取れます。

Mac Proの8GBとイベントのキャンセルと角田光代

Mac Pro Mid 2010用の8GBが入荷&販売開始。予約のお客様に発送。

今年、東京の大学を卒業され、大学院に入る方々と話す機会があった。地震の影響で卒業旅行がキャンセル。卒業式がキャンセル。謝恩会がキャンセル。大学院の入学式がキャンセル。

地震で直接被害にあわれている方を思うと、またはそのようなイベントの時に余震があると大変、節電のため、等々色々なキャンセルの理由はわかるのだが、一生で一度しかないイベントが次々にキャンセルになるのは、純粋にかわいそうだなと思う(もちろん生きていられるだけ、学校に行けるだけで幸せであることは間違いないが)。

息子が春休み。本日はジョギングのかわりに息子とキャッチボール。

角田光代の「八日目の蝉」、「対岸の彼女」を続けて読む。こういう境遇に置かれた人はこう考えてこのように行動するはずだという、角田光代の思いにどきりとする。そしてじわじわとその感情が自分の内に広がって行く。共感であったり、感動であったり、時には悲しみであったり様々。でもそれこそが自分が小説に求めているものなのだとわかる。

マックメム店長 猪川紀夫

MacのメモリーテスターRember

PowerMac G5の後期モデルに何かが起きている?!

本日マックメムの左側のメニューを見やすく変更。現在フレーム化しているが、これを1つのページにするための第一段階。

情熱大陸+Pに角田光代さん描きおろしの短編をテレビの情熱大陸のナレーター窪田等が朗読するという素晴らしいコラボ企画。これを昨日見つけてから、メニューのデザインをしながらぱらぱらっと聞いてみる。どれもこれもすばらしい。2009年7月 3日 (金) 配信の ”見上げれば満天の星” 「第9話 ときどき休戦」のストーリーに惚れ惚れする。敵対していた人は実は敵対したかったのではなく、分かり合いたかったのだという事実に気づく女性の話に泣かされる。これ映画で撮ったらちょっと陳腐になるかな。短編で聞のが一番素敵。全部聞いてしまうのが惜しいぐらいの作品達。2007年から配信されていたなんて気付かなかった。でも今気づいて良かった。

最近色々なメーカーから味が長持ちするような高機能なガムが続々とリリースされて、価格も高いし、ちょっと食傷気味。ということで、シンプルに駄菓子の風船ガムに立ち返る。10個ぐらい買ったら、1つ当たった。

本日なぜかPowerMac G5の後期モデルのメモリーのご注文がたて続けに入り在庫切れ。最近はMac Proが全盛なのでG5のメモリーが一度にたくさん出ることは少ないのだが、まれに同じ製品の注文が集中することがある。ただ、そういう時はOSXや新型機種の発表後ということが多いのだが、今日は特に何もイベントがないのに不思議。本日お待たせしてしまったお客様すみません。明日入荷予定なので、1日ご猶予を下さい。

マックメム店長 猪川紀夫

OSXでのメモリートラブルの謎

対応がヤバい!!という褒め言葉がヤバいっす。

Twitter上で@sin8687様からマックメムの対応がヤバい!!という評価を頂戴する。私の世代でヤバいと言われればかなり困った状態をさすが(苦)、近年最高の褒め言葉なのでうれしい限り。生まれてはじめてヤバい!!という賛辞を頂戴いたしました。以下Twitterからの抜き出し。

@sin8687: さっき(マックメムで)マック増設用のメモリーを買った。昨晩自分のマックに合うメモリーを問い合わせたところすごい対応の速さで教えてもらえてそのままスムーズに買えた。マジでここは対応ヤバい!!

ここのところ、情熱大陸仕事の流儀爆問学問をかかさず見ている。番組の最後の予告まで観て、来週のゲストは楽しみだ!と思ってテレビを消す。そして週の後半ごろに、息子が必ず決まってそれら3番組のゲストは誰?という質問をしてくるのだが、全くと言っていいほど思い出せない。歳のせいで暗記力が落ちているのか?それとも別の何か(例えば食生活)が思い出すことを妨げているのか?(と、情熱大陸のHPにリンクするために開いたら情熱大陸+Pなるページを(今更ながら)発見する。あ、面白そう。後で読んで、聞いてみよう。)

ザッポス伝説を読む。

オンラインショップでありながら、あー凄い、すばらし過ぎるサービス。見習うところは山ほどある。ただなんというか、あまり高い山過ぎて近づけない感じ。いやいや、彼と目指すものは同じなのだから、その山を見上げながら1歩踏み出すべし。

マックメム店長 猪川紀夫

アップルのメモリーの残念なところ